安眠するための方法

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

時代とともに、睡眠時間は短くなっています。

特に、若い人の多くは睡眠時間が短く安眠することが出来ない人も多く存在します。眠るというのは、生活の中で重要なことです。安眠できないということは、健康にも影響を及ぼします。つまり健康と睡眠はつながっているとうことです。

そこで、安眠するために大切な秘訣についてご紹介します。

1. 規則的な安眠を確立する。

たいていの人は、毎日、似たような時間帯に就寝することを心がけているのではないでしょうか?しかし、安眠するために大切なことは時間帯ではありません。何より大切なのは、毎日同じ時間帯に起床することです。

疲れをとるために早く就寝しても遅い時刻に起床してしまったらリズムを崩してしまうことになります。睡眠時間が浅かったり眠れなかったりするときこそ、いつもの時間帯に起床しましょう。

もう一つ大切なことは、休日も同じ時間帯に起床することです。休日だからと言って遅くまで寝てしまうと、夜に眠れなくなってしまいます。休日の朝に平日より2時間以上遅く起きないように気をつけましょう。

2. 就寝前に自分のルーティンを確立する

就寝する前に、自分なりの決まった行動をするようにしてください。これを習慣づけることで、自然に睡眠が誘発されるようになります。自分の決まった行動をすることで眠る気分になります。このリズムを確立するように意識してみてください。

3. 快適な睡眠環境を整える

眠りの質に睡眠環境は大切です。寝質は適度に暗くしてください。静かにして暗くしてください。光は、体が目覚めてしまうので明るすぎない程度の明るさにしましょう。

また、音は眠りを妨げます。寝つきが悪かったり熟睡できない場合は、静かな環境を作りましょう。

室内温度が暑すぎたり寒すぎる場合も眠気を妨げます。理想は、25〜26度です。冬は、15〜18度です。湿度は年間を通じて50〜60%にしてください。特に夏季と冬季はエアコン等で室内温度を調整しましょう。

枕や布団などの寝具も睡眠には欠かせません。枕は自分に合っている形、硬さ、大きさのものを使用してください。マットは、硬さや大きさが適切なものにしましょう。体が沈み、肩こりや腰痛の原因になってしまいます。冬季に使用するかけ布団は、自然な体動を妨げない羽毛や羊毛などにしましょう。

いかがでしたか?

これらのポイントを意識することで、安眠することにつながります。

安眠をして健康的な毎日を過ごしてください。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ