安眠するために取り入れる方法3選

リラックス環境を作る 快眠効果

安眠をするために取り入れてほしい方法は、「安眠をするための方法」で述べましたが、他にも様々な方法があります。

そこで、安眠するための方法をご紹介します。

1. 寝室を眠る場として以外に使用しない。

寝室を睡眠以外の目的で使用することは、避けましょう。事情が許す限りは、寝室では食事、読書、テレビ鑑賞、勉強をしないことです。仕事の道具や書類を持ち込まないようにしてください。寝室の壁やカーテンは、強い色彩を避けて落ち着いた色合いにしましょう。

2. 睡眠を妨げる物質をとらない。リラックスの方法を見つける。

就寝前のカフェイン、アルコール、ニコチン、等の刺激物の摂取は睡眠を妨げます。コーヒーや紅茶、お茶、チョコレートはカフェインを含んでいます。そのため、覚醒状態を持続させます。アルコールは、睡眠後半の眠りを妨げます。これにより夜中や明け方に目が覚めます。タバコに含まれているニコチンにも覚醒作用があります。そのため就寝4時間前には、お酒やタバコはやめるようにしましょう。

ストレスは、安眠、快眠、熟睡にとって、大きな障害です。そのため自分なりのリラックス法を見つけることが快眠につながります。就寝前の1、2時間前に軽い読書や眠りを誘う音楽や映画観賞、ぬるめのお湯で入浴するなどリラックスしてから就寝しましょう。

空腹を感じる場合には、消化吸収のよいホットミルクなどを飲みましょう。何より、寝室にストレスを持ち込まないことが大切です。

3. 規則正しい食事と運動。

規則正しい食事と運動の習慣は、快眠につながります。毎朝の規則的な朝食は、消化器の活動を促進させます。それにより、身体が目覚めます。夜更かしして朝ギリギリまで眠り、朝食を抜いてしまうと覚醒リズムを乱してしまいます。夜遅い時間帯に食事をする場合についても睡眠を妨げます。毎晩の夕食は、就寝する4時間前にはすませておきましょう。

また、運動することで睡眠を促進します。これにより熟睡することができます。しかし、夜遅い運動は避けましょう。夕食後、就寝するまでに激しい運動をすると循環器系や神経系が刺激されます。それにより入眠しにくくなります。軽い運動であれば筋肉をほぐすストレッチがオススメです。

いかがでしたか?

睡眠を妨げる食べ物や飲み物を控えることで、熟睡することができます。

就寝前に激しい運動や食事をすることにも気をつけることで、快眠につながります。

自分なりのリラックス法を見つけることで、ストレスなく入眠することができます。

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る