太り方教えて!食事や睡眠で体重を増やして理想の体型を手にする方法

最近痩せてきてしまった方やなかなか太ることができない方は悩みの種だと思います。太りすぎも苦労しますが、痩せすぎも心配です。体重が増えない理由と増やし方を見ていきましょう。

体重が増えない理由

一番に思いつくのは、摂取カロリーが不足していることではありませんか。簡易的に一日の摂取カロリーを計算してみましょう。まず、現在の身長から標準となる体重を計算します。身長が160cmであれば、1.6×1.6×22(固定の数字)で出すことができます。計算から、56.32という数字にkgを付けた値が標準体重になります。この約56kgに25~30の値を掛けてあげると、一日の摂取カロリーが出ます。1400kcal~1680kcalが一日の摂取カロリーになります。500kcalのお弁当を一日3食摂取すると1500kcalとなります。食品交換表を利用すると、1つの食材が80kcalとなっているので、日々の食生活を見直してみましょう。

摂取カロリーが問題なければ、基礎代謝が普通の人と比べて高いため、太ることができない可能性があります。年齢を重ねるにつれて基礎代謝量は落ちてきますが、若い人は太りにくい傾向があります。20歳ぐらいから代謝が落ちてきますので、様子をみてみるのも一つの手です。

胃腸の状態にも注目してみましょう。痩せ型の人は、胃腸が弱い傾向があります。胃に入った食物が栄養を吸収できずに、便として出てしまっているのかもしれません。排便状態としては、便秘や下痢になっていませんか。便秘でお腹に食べた物が留まっていると、お腹がすきません。食欲が出ないことで、食べることができない可能性があります。下痢である場合は、栄養が吸収されずに、外へ流れ出てしまっている可能性があります。

長期間体重が減り続けている場合、胃腸の病気を持っている可能性がありますので、近隣の病院へ診てもらいましょう。他にも、精神的な問題を抱えている可能性が考えられます。食事で太る事に対する過度の恐怖や、身体的な特徴を他人から言われてずっとそのことばかり考えている、なんてことはありませんか。拒食症を疑われる場合は、心療内科を受診することをおすすめします。

食事で増やす体重

摂取カロリーが低い場合は、カロリーを増やしましょう。食後にソフトクリームを追加すると、約220kcal、ショートケーキを追加すると約350kcalになります。足りないカロリーを補う目的で一品追加してみましょう。

胃腸が弱い場合は、よく噛んで食べましょう。1口を30回程度噛むことで、唾液と混ざり消化されやすくなります。食べ物面積が細かくなりますので、胃腸でも消化がされやすくなります。

睡眠で増やす体重

ご飯を食べた後に時間を空けないで寝ると太ります。寝てしまうと食べた物を消化する働きが弱くなりますので、体重が増えます。ただし、眠りが浅くなるので、1時間以内の昼寝にしておくといいです。眠りが浅くなると、脂肪を燃焼させるホルモンが分泌されにくくなります。夜間の睡眠は一日の疲れをとってくれますので、6~7時間はとるようにしましょう。睡眠が不足すると甘いものが欲しくなってしまい、悪循環になると糖分ばかりの体によくない太り方をしてしまいます。

いずれの方法も体重管理をきちんと行っていく必要があります。標準体重から逸脱していなければあまり気にしてはいけないことも忘れてはいけません。肉や甘いものばかりにならないように、食品交換表を参考にして、栄養のバランスを考えながらゆっくり体重を増やしていきましょう。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ