仮眠の賢い利用方法を知ろう

短い仮眠で覚醒効果

心地のいい睡眠をしっかりとることは、働くする人にとって大切なことです。
それと同じように、仕事中は目が覚めていることも大切なことです。
ですが、食後など眠くなったりすることはありませんか?
仕事をしないといけない時に、眠気がくると我慢できることと出来ないことがあります。

そのためにはどうしたらいいのかを紹介します。

睡眠についての研究が進歩している現代、数十分の短い仮眠が眠気や作業能力の改善に役に立つということが分かり始めています。
色々な人に対して実験をしたところ、仮眠した人としていない人を比べると、仮眠した人の方が集中力が良かったり仕事がはかどることが分かっています。
そして、全体的な仮眠時間を見てみると、仮眠は15~20分がいいです。
なぜ、15~20分がいいのでしょうか。
理由は次のようなことです。
長い時間の仮眠時間の場合では、深い睡眠から目覚めることになります。すると、眠気やだるさなどが強くなってしまい、気分が悪くなってしまいます。
また、作業能率も悪くなったりその後の睡眠で寝つきが悪くなってしまいます。

15~20分であれば、浅い睡眠から目覚めることが出来、長時間寝た時のようなしんどさがなく、スッキリ起きることが出来るのです。

健康を守る仮眠

先ほど紹介した短い睡眠であれば、覚醒効果があります。

このような仮眠を習慣にして、取ることによって、健康を守る働きがあります。
このことを、知らない人は多いのではないでしょうか。

これも研究がされていることです。
昼間に仮眠をとった人と取らなかった人を比べた時に、仮眠をとった人の方が心臓の病気で亡くなる確率は低いという結果が出ています。
また、仕事の能率などが良くなるだけではなく、ストレスをリフレッシュすることも出来るので心の面でも休憩を取ることが出来ます。
このように、仮眠をすることで健康面でもいい事があります。
なので、健康的になるということです。

最後に

仮眠をとることでどのような効果があるのかわかったでしょうか?

紹介したように、仮眠には良い効果がみられるという特徴があります。
特徴を理解して、仮眠を賢く利用することで快適に健康的に生活することが出来ます。

仮眠をするのはいいけれど、起きられるのか不安と言う人は、アラームをつけておくと安心できます。
場所を問わず仮眠は出来ますが、場所によっては仮眠する場所を変えた方がいいかもしれません。
仮眠をして体にいい生活をしてみませんか?

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ