高収入も夢じゃない!華道家になるには

高収入も夢じゃない!華道家になるには

本格的に華道に取り組んでいるという方にとって華道家は憧れの存在です。もし華道家になりたいと思った場合にはどのような方法があるのでしょうか。今回は華道家になるための方法や、華道家の働き方についてご紹介します。

華道家とは?

テレビや雑誌などメディアで見かけることも多い華道家。そもそも華道家とは、どのような存在なのでしょうか。

華道家とは、簡単に言えば日本の伝統的な芸術技法である華道(生け花)の専門家です。

華道家は季節の草花や樹木などを器に活けるプロフェッショナル。最近では「フラワーアーティスト」や「生け花作家」などの名称で呼ばれることもあります。

また、単に器に花を言えることだけでなく、展覧会を開催したり、花を使って大きな空間を演出する場合もあります。

華道家にとって、華道についての技術や知識の習得や稽古は不可欠。長く続けて経験を重ね、師範の免状などを取得することで生徒に教えることもできるようになります。

華道は最近では海外からの注目も高く、外国人に向けた華道の教室を開催したり、海外で華道家として活動するなど、様々な可能性と将来性を持った職業ということができるでしょう。

華道家になるには

華道家は花を生ける専門家といえる存在です。では華道家になるためにはどのような方法があるのでしょうか。

華道家を目指すためには、まずは華道の流派に入門して稽古を重ねて修行をする必要があります。華道の世界には「家元制度」というものがあり、師匠について修行を行うことで実力を認められ、華道家として活動を行えるようになります。

華道の流派は三百を超えると言われるほど様々な種類があり、それぞれの流派によって特徴や制度なども異なりますが、まずは自分の好みや感性に合ったものを選ぶことが重要です。

その流派に入門して、約五年から十年ほどの修業を重ねることで華道家となることができます。もちろん、この期間は人によって異なりますが、センスだけではなく、実力と忍耐力の必要な世界だと言えるでしょう。

また、流派の中では専門学校やスクールを設け、そこで勉強を重ねることで一定の技能を持っていることを認める制度を採用しているところもあります。華道家を目指したいけれど、仕事や家事で忙しいという方の場合、自分に合った修行の環境を見つけることも必要です。

華道家の資格・免許

華道家になるためには、流派に所属して修業を重ねて「師範免許」「免状」などを取得する必要があります。

この呼び名は流派によって異なりますが、初級、中級、上級などの形で、師範免状を取得するまでに技術の進歩に応じていくつかのステップを設けている流派もあります。

修行の期間は流派や勉強量などによっても異なりますが、一般的には最低五年程度は必要と言われています。

また、必ず必要というわけではありませんが取得していると役立つ資格などもあります。たとえば「フラワーデザイナー」や「フラワー装飾技能士」の資格を取得しておくと、花やデザイン、構成についての知識を身につけることができるため活躍のチャンスが広がります。さらに「色彩検定」などの取得を目指すと、その過程で色彩に関する幅広い知識を身につけることができるため、華道家を目指す人にはおすすめです。

華道家に求められるスキル

華道家になるためには、弟子として長い期間修業することが必要になります。もし華道家になりたいと思った場合には、どのようなスキルが求められるのでしょうか。

色彩・バランス感覚

華道家にとって、四季折々の花を美しく生けることが重要。そのときに必要になるのが、色彩やバランス感覚などの美的センスです。

フラワーアレンジメントとは異なり、華道では単に花を美しく、華やかに飾れば良いというわけではありません。華道で重視されるのは、どのような間隔や隙間を作るのかといった引き算の美。

華道家にはこれら華道独特の美的センスが必要です。

継続力

華道家になるためには誰でもある程度の期間、修行と稽古を行う必要があります。そのときに必要になるのが継続する力。どれだけセンスがある人でも、飽きっぽい人や長続きしない人は華道家になることはできません。

探求心

華道の流派にはそれぞれの特徴や形があります。教えられたそれらの要素を身につけることはもちろん、それを発展させたり、どのような意味があるのかといった探究心がなければ華道家として独立することはできません。

また、華道だけでなく芸術全般に対する好奇心も欠かすことができません。

コミュニケーション力

華道というと作品作りに没頭する世界と考えがちですが、実はコミュニケーション力も重要になります。修行期間は師匠や周囲の人と円滑な関係を築くことが必要。また、華道家となった後は、自分の持っている技術を弟子に伝えなければいけません。

作品の製作や空間演出を依頼された場合でも、相手がどのようなニーズを持っているのか、どんなものを求められているのかなどをくみ取ることが求められます。

華道家は人と接することが意外に多い仕事。そのためのコミュニケーションスキルは不可欠だと言えるでしょう。

華道家に向いている人

華道家は常に花を扱う仕事。そのため、まず花が好きな人でなければ仕事を続けていくことは難しいかもしれません。逆に花だけでなく草や樹木など植物全般に愛情を持っている人は華道家向き。

また、華道は日本の伝統的な文化のひとつ。どのような歴史があるのか、時代とともにどのように変化してきたのかなどに興味を持つことができれば、作品作りにも大きく役立ちます。最近では外国人に華道について説明する機会も増えているため、華道だけでなく日本文化について興味があるという人のほうが華道家に向いています。

もちろん、自分で何かを作りたいと思うことが華道家にとっては重要な条件。これまで様々なモノづくりを経験してきたという人や、手先が器用で手を動かすのが好きというのも華道家にとっては必要な条件です。

華道家の働き方

華道家といえば、お花を生けることが仕事ですが、実は様々な場所で活躍することができます。

企業に就職

華道家というと、自分の教室を持って華道を教えるというイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には企業に就職して働く華道家も少なくありません。

華道教室や専門学校の講師だけでなく、ブライダル会社や結婚式場に就職し、結婚式でのお花のコーディネートなどを行うこともあります。

また、華道家の活躍する企業としては生花店なども多いもの。特に大規模な生花店の場合は華道家を雇用して生け花を作るといったケースもあります。

独立開業

華道家は独立開業してフリーランスで働くことも可能な仕事。独立開業した場合、生け花教室を主催したり、企業や個人からの依頼に答えて、作品や空間演出を行うことも。人気の華道家になると、大きな施設などに生け花作品を依頼されることもあり、高収入も夢ではありません。

カルチャースクールの講師

華道家として安定的な収入を得たい場合、おすすめなのがカルチャースクールの講師の仕事。華道は女性にとってたしなみと言える習い事で、常に高い人気を誇っています。そのため、カルチャースクールなどでは常にレッスンを行う華道家が求められています。

まとめ

華道家になるためには修行が必要ですが、女性でも働きやすく、様々な場所での活躍が可能です。お花が好きな方や、美的センスに自信があるという方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

華道について

華道資格はこちら

ページトップへ