どうすればいい?お花の先生になるには

どうすればいい?お花の先生になるには

お花を生けるだけでなく、美しい仕草や礼儀正しい作法を学べる華道は人気の習いごと。もしかすると、お花を習い、先生になりたいと考えていらっしゃる方も多いかもしれません。では、お花の先生になるためにはどのような方法があるのでしょうか。今回はお花の先生になるための方法についてご紹介します。

お花の先生とは?

お花の先生といえば、お花の生け方を始めとする技術や知識を教えてくれる人。ただし、同じお花の先生でも働き方は様々です。

お花の協会の認定校になる

お花の先生として働くには、協会の認定校になり、そこでお花の技術を教えるという方法があります。お花に関しては様々な協会があり、それらの協会が主催するスクールや専門学校に通い、カリキュラムを修了すると認定校としての資格が与えられます。

協会の認定校になると、協会が認定校としての宣伝や広告を行ってくれるため、「お花を習いたい」という人の目に触れやすく、集客が比較的簡単というメリットがあります。

もし協会の認定校でお花の先生になりたいという場合には、協会が主催するスクールなどに通うのがよいでしょう。

個人開業して教室を開く(フリーランス)

お花の先生として働く場合、個人で開業して教室を開くフリーランスとしての働き方があります。

お花を教える場所は自宅だけでなく、自宅以外の場所を借りて教えるという方法も。

個人で開業してお花の先生になる場合は自分の好みやコンセプトを自由に決めて教室を開けるというのがメリットです。自分が出来る範囲で、趣味の延長として行う、副業としてある程度の収入を目指すなど様々な働き方ができます。

お花の先生になるには

では、実際にお花の先生になりたいと思ったときには、どのような方法があるのでしょうか。

資格は必要ない

お花の先生になりたいと思ったときに気になるのは資格が必要かどうかということ。実はお花の先生になるためには特別な資格は必要ありません。お花に関する資格は多く存在しますが、それらはすべて民間資格。民間資格とは、民間の団体が主催や認定を行うもので、資格を取得していなくてもお花の先生として働くことは可能です。

また、お花の先生になるためには特に学歴が問われることもありません。

現実には資格や所属流派、または経歴がないと生徒が集まりにくい

極端なことを言えば、お花の先生は自分で名乗ればなれるということになります。ただし、まったく資格を持っていない人やどの流派にも所属していない、これまでお花に関する経歴がないという場合、ほとんど生徒が集まりません。

そのため、多くのお花の先生はどこかの流派に所属して稽古を重ねるか、お花に関する資格を取得してから先生としての活動を開始するのが一般的です。

個人で開業する場合は、自己営業や集客が必要となる

さらに、個人として開業する場合には営業力や集客力が必要になります。いきなり先生になったとしても生徒さんが集まらなければ教えることはできません。

そのためには、お花の教室を開いたことや、その教室でお花を習うとどんなメリットがあるのか、他の教室とはどんな違いがあるのかなどを、これからお花を習おうとしている人にわかりやすく伝えることが必要になります。

また、開業には資金も欠かすことができません。自宅で開業する場合には、ある程度のスペースがあれば教室を開くことができますが、もし自宅以外のスペースを利用したい、多くの生徒さんを集めたいといった場合には多少の資金が必要となります。

お花の先生に必要なスキル

お花の先生になるためには、生け花に関する高い知識と経験が必要になります。さらにお花の先生として活躍するためには、それ以外にも様々なスキルが必要です。

生け花の技術だけでなく、教えるスキルも必要

実はお花の先生にとってもっとも重要なスキルは「教える」というスキルです。自分が学んだ技術を分かりやすく人に伝えるというのは実は非常に難しいもの。

特に生け花のように手先を使う習い事では、ほんのわずかのコツが結果に大きな影響を与えることも少なくありません。

素晴らしい作品を作ることができる人がすべてよい先生になるとは限りません。よい先生になるためには、どんなアドバイスを与えれば生徒さんが理解してくれるか、生徒さんの成長や進歩を自分の喜びにできるか、どうすれば分かりやすく伝えられるかといった教えるためのスキルが重要です。

テキスト以外の部分を教えられるだけの経験も必要

お花はテキストなどでは学ぶことがなかなか難しいものだと言われています。その理由は、テキストに書かれている以外の部分が重要だから。

ちょっとした花の扱い方や手先の技術、コツなどは実際に教わってみないと分からないことも多いもの。そういった細かなレッスンを行うためには、お花の先生にとっても経験が必要になります。

さらに生徒さんの中には学ぶスピードに違いがあるもの。人それぞれに失敗しやすいポイントも異なります。

お花の先生として活躍するためには、自分自身の経験も重要です。

生徒が魅力を感じるような個性やセンス、レッスン内容でないと続かない

お花の先生には厳しい人もいれば優しい人もいるもの。どちらのタイプの先生になるかは人の個性によって異なりますが、どちらにしても生徒が魅力を感じるような個性やセンスが不可欠です。もちろん、楽しければよいというわけではありませんが、他の教室ではない魅力や、独自のレッスン内容を用意するためのスキルも必要になります。

お花の資格はなくても運転免許はあったほうが良い

お花の先生になるためには資格は必要ありませんが、持っておくと便利な資格があります。それが運転免許。

実はお花の先生には、たくさんの花材や資材が必要になります。さらに器などが加わると、持ち運びをするのもなかなか難しいもの。

もし自宅で教室を開く場合でも、生け花の素材はお花屋さんなどから仕入れる必要があります。

どうしても必要というわけではありませんが、運転免許を持っていると、仕事をスムーズに進めることができます。

お花の先生に向いている人

お花の先生になりたいと思ったとき、自分が向いているかどうか不安に感じる方も多いかもしれません。それではどのような人ならお花の先生に向いているのでしょうか。

お花の先生として働くためには、まずはお花やフラワーデザインが好きだという気持ちが大切です。どれだけ上手であっても、それが好きでなければ長く続けることはできません。

また、自分一人で作品を作るのとは異なり、お花の先生の主な仕事は生徒さんに教えること。そのため、人に何かを教えるのが好きな人や、教えることが得意な人、面倒見の良い人もお花の先生向きと言えるでしょう。その他にも、人とコミュニケーションを取ることが好きと言う人もお花の先生に向いています。

逆に、自分の作品を追求したい人や、作品を作っていると周囲のことが見えなくなってしまうアーティストタイプの人はお花の先生には向いていないかもしれません。

お花の先生の仕事内容

お花の先生は着物でお花を活けているというイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし実際のお花の先生は、生徒さんに教えること以外にも多くの仕事があります。

レッスン内容の計画

お花の先生に限らず、人に何かを教える場合にはレッスン内容について計画するのは重要な仕事です。人数が非常に多いという場合には、すべての生徒さんに向けてひとつのカリキュラムを用意するということもありますが、少人数の教室ではそれぞれの生徒さんのスキルや学習の進み具合によって教える内容を変えていく必要があります。また、難しいことばかりやっていると、どうしても進歩が感じられずに教室を続けられなくなってしまうもの。それを防ぐためにも、生徒さんを飽きさせないレッスン内容を考えることが必要です。

花材・資材の調達

レッスンに使用する花材や資材を揃えるのもお花の先生の重要な仕事。特にお花は傷みやすいものなので、あらかじめまとめて仕入れておくというわけにはいきません。

また、生徒さんが初心者ばかりという場合には、使いやすい道具を揃えておくことも重要です。

営業、集客活動

個人で教室を開いていると、苦労するのが集客活動や営業活動。どれだけの生徒さんを安定的に確保できるかどうかは教室の運営や収入を保つためにも重要になります。

そのため、教室の存在を知り、お客さんを集めるための営業活動は非常に大切なもの。最近ではSNSやブログも重要な宣伝ツールとなっているため、これらネットを通じた営業活動も必要です。

自己スキルの向上、情報収集

お花の先生といっても、教えるだけでは自分のスキルが低下していってしまうもの。教えると同時に、自分のスキルを維持・向上させるための努力は欠かすことができません。

また、お花の世界にもその時期の流行や傾向などがあり、それらの情報をきちんと収集しておくことも求められます。

お花の先生の収入

お花の先生を仕事にしたいという場合、気になるのが収入です。ではお花の先生はどの程度の収入を得られる仕事なのでしょうか。

生徒1人あたりの月謝は?

個人で教室を開業した場合、生徒さん一人あたりの月謝は約5000円から15000円程度と言われています。もちろん、地域差があり、首都圏などでは高額に、地方ではリーズナブルになりがち。

さらに周囲にある華道教室との差別化もありますが、目安としてこの程度の月謝を考えておくと、ある程度の月収を予想することができるでしょう。

年収は?

お花の先生の年収は、約260万円から350万円程度と言われています。もちろん、年収は月謝の金額や生徒さんの数、場所が自宅か、場所代が必要かなどによっても異なります。また、経費などが含まれているため、実際の利益はこれよりも少なくなります。

まとめ

生け花や華道が好きな人にとって、お花の先生は憧れのお仕事。様々な働き方も可能で、女性にとってもおすすめです。もし興味があるという方は、まず資格の取得を検討してみてはいかがでしょうか。

華道資格

華道について

華道資格
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ