インテリアコーディネーター用語

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター用語

インテリアオーナメント(interior ornament)

インテリアに用いられる飾り物や小物の総称。

オフィスランドスケープ(office landascape)

1962年にドイツの経営コンサルタント、クイックボナーチームが提唱したオフィスプラン。個室をつくらずに、一見、机をランダムに置いたような大部屋スタイルのオフィス。コミュニケーションを優先させ、スムーズな業務の流れと設備の効率化を狙ったもの。

ガス漏れ警報器(がすもれけいほうき)

ガス漏れ警報器(がすもれけいほうき) センサーによりガス漏れを感知し、警報音または信号音によって報知する機器。 空気より軽い都市ガス用は天井から300mm以内に、空気より重いLPガス用は床から300mm以内に設置することを決められている。

サイホンボルテックス式便器(siphon vortex closet)

サイホンボルテックス式便器(siphon vortex closet) 大便器の洗浄式のうち、洗浄水タンクと便器が一体化になったもの。 その便器の排水管の形状を変化させ、サイホン作用に渦巻状の水流を加え、吸引排出能力を高めた流し出す方式。 特徴は溜水面が広く、臭気の発散や汚物の付着もわずか。洗浄力が高く、洗浄音が最も静かな高級品。

サニタリーユニット(sanitary unit)

浴室、洗面、トイレなどのサニタリー空間全体に使用するものを工場生産し、取り付けられたタイプ。工場組立てて現場で取り付ける「キュービックタイプ」と、現場で組み立て取り付ける「ノックダウンタイプ」の2種類を大別される。

テーブルセッティング(teble setting)

食事のために、食卓に食器、装飾などを事前用意すること。一般は洋の食卓を指すことが多い。空間のバランスや、テーマの表現、季節感、清潔感、食べやすさ、サービスのしやすさなどが考慮しながら用意するのは大切である。

バランス照明(valance lighting)

バランス照明(valance lighting) 建築化照明方式の1種。 壁、窓、カーテンなどの上部に光源を設け、その前に遮光板を取り付け、上下への間接照明を得る方式。バランス照明 建築照明のひとつのこと。主に窓の上に取り付けられる。

ブルー電球(blue lamp)

ブルー電球(blue lamp) 白熱のカラーランプの1つ。 ガラス球内部にシリカ粒子とブルーの微粉末を混合した光拡散物質を静電塗装したランプ。 特徴はブルーの光から涼しい感じを得られる。

ベッドメーキング(bed making)

ベッドを使用していないときにベッドリネン類を替え、ベッドを整えること。

ボール電球(ball lamp)

ボール電球(ball lamp) 灯具なしでも用いられ、主に装飾照明用の球形の白熱ランプ。 種類はホワイトボールとクリアーボールがある。

リゾートオフィス(resort office)

リゾートオフィス(resort office)

「リゾート法」により、リゾート地域にオフィスを設置する構想。地域振興を図る目的で昭和62年に施行され、税制上の優遇措置や政府系金融機関から低利融資などが受けられる開発構造であったが、バブル破壊により進展していない。

ロータンク式腰掛便器(ろーたんくしきこしかけべんき)

ロータンク式腰掛便器(ろーたんくしきこしかけべんき) 洗浄のためのロータンクが洋風便器の背後の壁に設けられているもの。

ローリングベッド(rolling bed)

ベッドの寝る部分が軽く波打つように回転するもの。床ずれ防止に役立つ。

中廊下型住宅(なかとうかがたじゅうたく)

住宅の中に廊下を挟んで、その廊下の南側に居間を、北側に浴室、トイレ、納戸、台所などを設けた住宅形式。但し、各室は独立しているが、間仕切が襖などのためプライバシーに不備があったが、大正時代では、わが国の都市住宅平面構成モデルの1つとして都市部の中流家庭で普及した。

人感センサー付き照明(censor)

人感センサー付き照明(censor) 人の出入りなどの動きを感知し、自動点灯する装置を備えた照明をいう。 玄関や玄関ポーチ、廊下やトイレなどに設置され、夜間の歩行の安全、ポーチなどの防犯に役立つ。人感センサー付き照明 人の動きを感知し、自動的に点灯する照明。夜間の歩行を安全にし、防犯の役割も果たす。

住宅用火災警報器(じゅうたくようかさいけいほうき)

住宅用火災警報器(じゅうたくようかさいけいほうき) 住宅の火災の発生を通報する器具。 この器具は、2006年6月に、消防法によってすべての住宅に設置する義務があることを決められた。

全般拡散照明(gemeral diffuse lighting)

全般拡散照明(gemeral diffuse lighting) 光源からの光をその照明器具の上下左右の全面方位に、均等に明るさを与える照明方法。 この配光となる照明器具は、天井から吊られた球形の乳白ガラスグローブや和紙で覆われたコードペンダントなどがある。

出窓洗面化粧台(でまどせんめんけしょうだい)

出窓洗面化粧台(でまどせんめんけしょうだい) 省スペースを目的とし、洗面化粧台と出窓ユニットを組み合わせたもの。

半間接照明(semiindirect lighting)

半間接照明(semiindirect lighting) 光源がシェードなどで覆われ、シェードの上面が解放型で天井に当て、反射光によって間接的な照明方式。明るく和らいだ雰囲気を表現するために、覆われているシェードを半透明な素材にすると、その光の1部を透過して直射するのようなものを半間接照明という。

可変式住宅

入居者の家族構成の変化、ライフスタイルに合わせた住まい方に対応できるように、あらかじめ考えられた住宅。可変型住宅 時間経過による居住スタイルの変化に対応すぎるようにあらかじめ考慮された住宅。

和風折衷浴槽(わようせっちゅうよくそう)

和風折衷浴槽(わようせっちゅうよくそう) 深さは550mm程度、長さは1000~1600mm程度の大きさで、和風浴槽と洋風浴槽の中間の形状と寸法にした浴槽。 特徴は和風浴槽の深さと洋風浴槽の長さの両タイプの長所を取り入れ、座って膝を軽く折り曲げた姿勢で、肩まで浸かれるもの。

和風浴槽(わふうよくそう)

和風浴槽(わふうよくそう) 内側の立ち上り部分が垂直で、深さは580~600mm程度、長さは750~1000mm程度の浴槽で、入浴する時にしゃがんで肩まですっぽり浸るもの。

壁出し水栓(かべだしすいせん)

壁出し水栓(かべだしすいせん) 流し台や浴室の壁に取り付ける水栓。 洗浄機の上や掃除用流し台やキッチンなどで多く用いられる。

平行透視図法(par-allel perspective)

透視図法のうち、「一消点図法」ともいう。図を描く面に対して、物体を見る観察者の目の位置と平行し、その物体の平面・側面が画面に垂直で平行に置いた状態の作図する方法。すべての奥行線は1点に収束されるように、1つの消点で描かれる図。

木造住宅リサイクル

木造住宅リサイクル 伝統尊重、資源節約、廃棄物などの環境問題を配慮した住宅のリサイクル。

架構式構造(frame construction)

架構式構造(frame construction) 建築構造の構成方式。鉄骨造や木造在来工法など、柱に梁などを架けて構成する軸組みによる構造。またはラーメンやトラスなどの骨組みが主要構造を形成している構造。

洋風浴槽(ようふうよくそう)

洋風浴槽(ようふうよくそう) 深さは450mm程度。長さは1200~1700mm程度の浴槽、浴槽内に温湯を溜まって体を洗う、入浴する時に体を横たえる、使用後は排水してしまう浴槽。 特徴は一定量以上水が溜まらないようにオーバーフロー付いている。

洗面化粧ユニット(せんめんけしょうゆにっと)

洗面化粧ユニット(せんめんけしょうゆにっと) 洗面器、収納用キャビネット、鏡、上部の化粧ギャビネット、カウンターなどをユニット化して組み合わせたもの。

洗面化粧台(せんめんけしょうだい)

洗面化粧台(せんめんけしょうだい) 収納用キャビネットの上面に、洗面や手洗い用の洗面器、照明、鏡、小物収納などを備えたもの。

浴室換気乾燥機(よくしつかんきかんそうき)

浴室換気乾燥機(よくしつかんきかんそうき) 電気やガスを熱源とし、浴室天井埋め込みヒーターユニットから温風を吹き出し、湿気を屋外に排出して洗濯物を乾燥できる装置。 また浴室を暖めたり、カビの発生防止などの効果も得られる。

浴室換気暖房乾燥機(よくしつかんきだんぼうかんそうき)

浴室換気暖房乾燥機(よくしつかんきだんぼうかんそうき) 浴室の換気と暖房、洗濯物の乾燥を行う機器。夏には涼風も得られる。 主に浴室の天井に設置され、電気ヒーター式とガス式の2種類がある。

無電極ランプ(むでんきょくらんぷ)

無電極ランプ(むでんきょくらんぷ) フィラメントや電極を使用せず、高周波磁界により発光させるランプ。 蛍光ランプに光質が似ていて、効率が良いもの。その光色は白色、電球色、カラー電球があり、なかでも白色ランプは寿命が40000時間以上で半永久的なもののため、ランプ交換がしにくい場所に役立つ。

照明コントロールシステム

照明コントロールシステム 住宅内の情報設備システムのうち、各室の照明を集中コントロールパネルによって操作するといったものを指す。 照明器具で人の気配を感じて点灯、感じなくなって消灯、夕方、周囲が暗くなると点灯、朝、明るくなると消灯など、省エネや家事の省力化効果を得られる。

照明方式(しょうめいほうしき)

照明方式(しょうめいほうしき) 全般照明方式。局部照明方式、局部的全般照明方式の3種類がある。 全般照明方式は平均的で均一な照度を必要とするオフィス、公共スペース、教室などの空間で用いられる照明方式。作業面の照度を一様にするため、複数の同一器具を規則的に配灯する。 局部照明方式は基本的な照度を全般照明により確保したうえで、作業上または照らしたい対象や部分などに局部的に明るさを補う照明方式。 局部的全般照明方式は、局部的に高照度とし、それが全般照明を兼ねるもの。

瞬間湯沸器(instan-taneous gas water heater)

瞬間湯沸器(instan-taneous gas water heater) 給湯器の一方式。 給水管に直結された熱交換部分を直接加熱して、配管内の水を温水化して供給する方式で、ガス焚き式が一般的である。 給湯栓と連動して供給と加熱が同時に行われ、必要な時に即刻に必要量の湯を沸かして供給することができる機器。

輸入住宅

輸入住宅 外国製品の輸入拡大方針に応じた木造住宅で、多くはツーバイフォー構法を採用している。国土交通省による輸入住宅の定義では「海外の設計思想による住宅を1戸分として、資材別輸入またはパッケージ輸入し、相当程度の輸入資材を用いて設計した住宅」

防湿型照明器具(ぼうしつがたしょうめいきぐ)

防湿型照明器具(ぼうしつがたしょうめいきぐ) 浴室や洗面所などの湿度が相対的に高いところで使用する照明器具。 屋外の使用はできないことを注意する必要がある。 現在では屋外と浴室で兼用できる防雨・防湿型の照明器具もつくられている。

非常用照明(ひじょうようしょうめい)

非常用照明(ひじょうようしょうめい) 地震や火災時の照明を確保し、避難の安全を図るために設置される照明器具。 特徴は停電時に自動的点灯し、30分以上を持続できるの直接照明で、床面での平均照度は1lx以上がある。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

就職に有利。キャリアアップにもつながるインテリアの資格。
インテリア資格

インテリアデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

インテリアデザイナー資料 インテリアデザイナー

魅力的な空間の演出方法をバッチリ身につける。
空間資格

空間ディスプレイデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

空間資料 空間

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ