空間デザイナー インテリアデザイナーとは

インテリアデザイン

「空間デザイナー」とはどのような職業なのか?

室内、室外を問わず空間をデザインする職業の人を空間デザイナーと言います。

公園に置く美術作品のレイアウトを考えたり、

駅前広場のデザインを担当したりします。

デパートやレストランのインテリアや演出など、様々な活動を行います。

「インテリアデザイナー」とはどのような職業なのか?

建物空間のデザインをする職業をインテリアデザイナーと言います。

具体的な仕事は、インテリア製品のデザイン、

室内空間のデザインに分かれます。

インテリア製品をデザインする場合は、

インテリアの持つ特徴や機能性を頭の中でイメージしデザインとして形にします。

また、室内空間のデザインの場合は、

レストランやオフィス、住宅など対象となる建物により室内構造、

設置場所、装飾などを考慮し設計を行います。それを製図に落とし込みます。

1. 空間デザイナーになるには?

美術系、建築系、工学系、舞台美術系の大学や短大、専門学校で、

空間デザインの基礎を学びます。

卒業後、デザイン事務所、企業のデザイン部署に就職し実務経験を積みます。

空間デザイナーの手がける分野は幅広いです。

インテリアプランナー、インテリアコーディネーター、建築家、

等が併用し空間デザイナーを行うケースもあります。

2. インテリアデザイナーになるには?

建築系、美術系の大学や短大、専門学校でデザインや製図の基礎を学びます。

そして、建築会社、設計事務所、住宅設備、

インテリアメーカーのデザイン部署に就職します。

また、建築士が室内設計をしたり、

インダストリアルデザイナーがインテリアデザインすることもあります。

インテリアデザイナーを目指す方は、建築士やインテリアプランナー、

カラーコーディネーターの資格を併用することで、

仕事の幅が広がります。このような周辺資格の取得をお勧めします。

3. 給料と収入

「空間デザイナー」の給料と収入は、

勤務する会社により違いがあります。

新卒では、月収20万円、

経験者の場合は年収で300万〜750万円とされています。

また、建築士やインテリアプランナーとの併業では収入が上がります。

「インテリアデザイナー」の給料と収入は、

空間デザイナーと同様に勤務している会社の給料によります。

勤務先の賃金形態によりますが、初任給で月収20万円、

経験者では、年収300万〜800万円が相場となります。

いかがでしたか?

「空間デザイナー」、「インテリアデザイナー」は、様々な資格と併業することで、

さらに高い給料と収入につながります。

是非、参考にしてください。

人気の通信教育はこちら

就職に有利。キャリアアップにもつながるインテリアの資格。
インテリア資格

インテリアデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

インテリアデザイナー資料 インテリアデザイナー

魅力的な空間の演出方法をバッチリ身につける。
空間資格

空間ディスプレイデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

空間資料 空間

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る