オシャレインテリアの定番!モノトーンコーデのススメ・メリットは

インテリアデザイナー
インテリアをかっこよくしたいけど、壁床天井の仕上げや色、そしてそれに家具や小物まで加わると、要素が多くてとてもコントロールできない…という声をよく聞きます。そんなときは思い切って『モノトーン』コーディネートにしてみませんか?要素をそぎ落とした「シンプル」な仕様は、今流行の「ミニマル」「塩系」にも通じるオシャレさを備えています。なぜ今オススメなのか?メリットやその理由を紹介します。

縛りを加えることで生まれる美

リビングがどことなくごちゃごちゃしてしまう要因、それは多くが「統一感のなさ」から来ています。同じウッドでもナチュラルとダークトーンが混ざってしまっていたり、中途半端にカラフルなものがあったりと、そのつど気に入ったものを選んでいてはコーディネートが上手くいくはずもありません。モノトーンコーディネートのいいところは、どんな素材を選ぶにしろ「白」か「黒」に選択肢を絞ってあげることで、インテリアに整った見え方を与えるという方法。どれを選んだらいいかいつも迷ってしまって…という人は、とりあえず購入するアイテムを「白」「黒」どちらかにする、と心に決めておくだけでいいのです。 逆に、素材はフリーハンドにしておきます。それもそのはず、カーテンやソファなどのファブリックモノから、ウッド、壁紙、塗装など、インテリアはたくさんの素材の混合によってできています。どの素材を扱うにせよ、それを白or黒にするというセルフルールが、コーディネートを考える手間を楽にしてくれるはずです。

メリット

モノトーンリビングの良いところは、なんといっても生活感が出にくくなるところです。リビングにある家具から小物まで、雑多な色やプラスチックなどのpoorなモノが混じってしまうと、どうしてもリビングは雑な感じになりがち。モノトーンにしておけば、統一感が生まれます。統一感とは、「なんだか成り行きでこうなってしまった」ではなく、「意図的にこうした」というインテリアへの姿勢が見えることです。また、どんな小物にも白と黒、どちらかは品揃えがあることがおおいです。そう考えると、逆に選択肢をは豊かになっているともいえるでしょう。

まとめ

色数を抑える分、苦手な人でもオシャレに見えやすくなるモノトーンインテリア。ベースがまとまっていれば、挿し色的な「崩し」も選びやすくなります。コーディネートにまよったら、是非モノトーンを選んでみてください。

人気の通信教育はこちら

就職に有利。キャリアアップにもつながるインテリアの資格。
インテリア資格

インテリアデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

インテリアデザイナー資料 インテリアデザイナー

魅力的な空間の演出方法をバッチリ身につける。
空間資格

空間ディスプレイデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

空間資料 空間

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る