【リノベーション】インダストリアルなインテリアに使いたいマテリアルは?

interior
リノベーションで人気のある『インダストリアル』なスタイル。インダストリー=工業から来ている言葉ですが、インテリアで使われる場合は、無骨で無機質、レトロ、ユーズド感、クールな中に温かみや懐かしさが混じっているようなインテリアを指します。マンションなどのリノベーションでは、若い世代の気取らないライフスタイルに合うインテリアとして挙げられることも多いのですが、では一体どんなマテリアルをどのように使うのが向いているのでしょうか?

コンクリート系の素材を使いこなす

インダストリアル系でもっとも挑戦しがいのあるマテリアルがコンクリートです。マンションの室内造作を解体すると、一部にコンクリートがむき出しになるケースがあります。天井回りには必ずコンクリートのスラブや梁型が出てきますし、場合によっては柱や壁がコンクリートの場合もあるでしょう。これらをそのままむき出しに使うことで、室内はもちろん仕上げをするより広がりますし、インダストリアルな雰囲気を、「お金をかけずに」取り入れることが可能です。注意点は、コンクリートが美的に耐えるビジュアル、状態になっているかどうかは、解体後でないと分からない、ということ。この場合の対策としては、塗装やモルタル補修をするなどの方法があります。また、コンクリートブロックも、インダストリアルなテイストに良く用いられる素材です。コンクリートブロックは材料費がとても安く、自分で用意することももちろん可能。汚れを気にせず、タフに使い込みたい壁に向いています。

鉄+ユーズドウッド

無骨なテイストを代表する組み合わせが、鉄とウッドの組み合わせ。黒い鉄パイプは、黒皮仕上げといって、鉄に酸化皮膜が付いた自然な風合い(黒皮”風”塗装もあります)、木は枕木やパレットなどのユーズド材や、無垢板も用いられます。工場で使われるような強度とタフネスさは、「用の美」に近いでしょうか?余計な装飾はありません。木部の仕上がりによっては、工業的な中に優しさや温かみを見出すこともできる、表現の幅が非常に広いアイテムです。クッションやファブリックで、少し柔らかさを足すという「崩し」を入れてみるのも、効果的ですね。

まとめ

家具や壁仕上げなどインテリアで作ったものは、作りたてはきれいでも、いつかは傷が付き、痛み、擦れていくことを受け入れなければなりません。インダストリアルスタイルは、ガンガン使い倒して、傷が付いていくこともインテリアへの愛情を深める…そんな価値観に共感できる人にオススメです。

人気の通信教育はこちら

就職に有利。キャリアアップにもつながるインテリアの資格。
インテリア資格

インテリアデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

インテリアデザイナー資料 インテリアデザイナー

魅力的な空間の演出方法をバッチリ身につける。
空間資格

空間ディスプレイデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

空間資料 空間

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る