雨上がりこそ窓ふきのチャンス

ハウスクリーニング 窓ふき

新聞紙を使って「きれい&汚れにくい」のW効果

窓はお家の顔でもあります。輝くようなきれいな窓は、部屋が明るくなるだけでなく、心もパッと明るくなるような気がします。窓ふきは面倒くさいと思っている人も多いと思いますが、コツさえつかめば簡単にできるので、窓ふきは年末の大掃除だけという人もぜひやってみてください。窓ふきをスピーディーに効率的に仕上げるのには、まず掃除をするタイミングがポイントです。窓ふきは晴れた日よりもむしろ、雨上がりや曇りの湿度が高いときにやるのがベストです。これは、空気中の湿度で窓のがんこな汚れが「ゆるむ」から。ゴシゴシ力を入れてこすらなくても、簡単にきれいになります。

やり方は簡単。水にぬらしてかたく絞ったぞうきんで窓をさっとふきます。そしてまだ濡れているうちに丸めた新聞紙で磨くだけです。新聞紙で磨くのがミソで、吸水性の高い新聞紙が、水分と一緒に窓の汚れも吸い取ってくれます。同時に新聞紙のインクが窓の表面に薄い膜をつくってくれます。インクは油性なのでバリアの役割をして汚れがつきにくくなりW効果で窓の輝きをキープしてくれます。

気になる窓の「四隅の汚れ」は塩で落とす

きれいにふいたつもりの窓も、ちょっと離れてみてみるとどうしても四隅に汚れが残ってしまうことがあります。四隅は汚れが落としにくい場所ですから、そんな時には「塩」を使ってみましょう。水でぬらしてかたく絞ったぞうきんに塩をつけてこすります。ほんのひとつまみで大丈夫。塩の結晶が研磨役をしてこびりついた汚れをこそげ落としてくれます。クレンザーだと窓の表面に傷をつけてしまいますが、塩ならすぐに水に溶けるので安心です。仕上げに新聞紙で磨けば窓は隅から隅までピカピカです。

ブラインド掃除は「軍手ぞうきん」を使って

せっかく窓がピカピカになったのに、ブラインドがほこりまみれでは台無しです。ブラインドは羽の部分を一枚一枚ぞうきんでふいていては、時間がかかってしまいます。そこで活躍してくれるのが「軍手ぞうきん」です。軍手をはめて、ブラインドの羽を一枚一枚指で挟んですべらすようにしてふいていきます。これだと素早く、しかも細かいところまできれいになります。汚れがひどい場合には、重曹を溶かした水で十分に湿らせた軍手で水拭きしてから、乾いた軍手でからぶきすればきれいになります。重曹は1リトルの水に対して大さじ3杯の濃さが目安です。

サッシの汚れは割り箸が活躍

窓がピカピカになったら、気になるのがサッシの汚れ。サッシ用のブラシがあればいいですが、ない場合には家に必ずある「割り箸」を活用しましょう。大きなゴミを掃除機で吸い取ったら、割り箸でぞうきんをはさんでサッシをすべらせるようにこするだけです。小さく切った布のはぎれなどがあればベスト。手を汚すことなく、すみずみまで汚れを落とすことができます。

 

人気の通信教育はこちら

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る