落書きにタバコに飛び散った水滴どうやって消す?壁の簡単お掃除

ハウスクリーニング

壁の掃除って面倒ですよね。床と違って高さがありますから上の部分の掃除がしにくいですし、付着している汚れも床より多様です。普段は床のみで済ませていると、大掃除の際に何の汚れでどう対処すべきかわからなくなっているということもあります。そんな時でも簡単に汚れを取る方法があれば使ってみたいと思いませんか?

軽い汚れなら水ぶきで落ちる


壁材にもよりますが、軽度の汚れであれば水で濡らした布巾で拭くだけで汚れが落ちる可能性は高いです。洗剤などを付けて行ってしまうと、かえって壁材を傷める原因になりますからまずは水ぶきしてみましょう。汚れが落ちたあとは乾いた布巾で乾拭きするのを忘れずに。水ぶきのままにしておくと、水分がすぐに乾燥せず、カビや雑菌が繁殖する原因にもなります。

水が使えない壁


漆喰や砂壁・布製クロスなどは水ぶきができません。もしその材質を使っているのであれば、別の方法で対処しましょう。まず漆喰なら消しゴムが有効です。軽くこするだけで汚れは落ちますのでゴシゴシこすらないように注意します。砂壁の場合ははたき掛けが有効です。簡単に行えるので毎日の掃除でも行い、汚れが溜まらないようにしましょう。布製の壁クロスの場合は乾拭きか掃除機で吸い取ります。

何でも消せる重曹はアルカリ性汚れに注意


洗浄剤の中でも優れた効果を発揮するのが重曹です。強力なアルカリ性の成分を含んでいるので多くの汚れは重曹、もしくは溶かした重曹水で落とすことができます。重曹水をあらかじめ作っておき、汚れを見かけたらスプレーしたり雑巾に浸して拭き取るようにすれば大掃除の際に手間取ることもありません。但し注意して欲しいのが同じアルカリ性の汚れには効きにくいということです。例えばトイレの汚れはアルカリ性であるアンモニアに由来する可能性があるため、重曹では落ちにくくなります。もし重曹で落ちにくい場合は酸性か中性の洗剤で再度試してみましょう。

アルコールはタバコやボールペンに


消毒薬としても使われるエタノールなど、アルコールで汚れを落とすこともできます。アルコールには除菌効果もあるため、汚れがつきにくくなるのも良いですね。アルコール臭さが気になる場合は、汚れを落としたあとに乾いた布巾などで乾拭きしましょう。

素材確認ができない場合は見えないところでお試し掃除


重曹にしろ消しゴムにしろアルコールにしろ、簡単に用意できるのは魅力的です。ですが、これは壁の素材を事前に把握していることが条件となります。建築時あるいは壁のリフォーム時などに設計者さんから頂いた説明書はきちんと保管していますか?あるいは賃貸契約時に頂いた説明書は手元にありますか?もし確認ができない場合は、目立たない壁で水ぶきをしてみると良いですよ。水をはじくならビニール、吸収してしまうなら布というように、ある程度の判別が可能です。水ぶきができないところは洗剤を使うこともできない可能性が高いので、むやみに使わないようにしましょう。

人気の通信教育はこちら

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る