浴室を清潔に保つには

生活の中で欠かせないことの一つにバスタイムがあります。欠かせないことだからこそ、浴室を清潔に保ちたいですよね。浴室が清潔であることにより、1日の疲れを癒してくれるはずです。そこで、浴室を清潔に保つために大切なことをご紹介します。

1. 皮脂や石鹸のカスなどをしっかりと落とす

浴室を清潔に保つために欠かせないことは、カビ取りです。カビ取りを行う前に、まずは表面の汚れを落としていくことが重要です。カビ取り剤などをそのままの状態で吹き付けても十分に浸透しません。そのため、準備が必要です。表面の汚れは、浴室用の洗剤を使用することでしっかりと落ちます。この段階で落ちなかった汚れやカビに、カビ取り剤を使用してください。カビ取り剤を使用することで、落ちなかった汚れやカビが落ちていきます。

2. 吹き付けてから、すぐにこすることはNG

カビ取り剤を吹き付けたからといって、すぐにこすってしまうと落ちるはずのカビが落ちません。黒ずみなどは、カビ取り剤を吹き付けて時間を空けなければ落ちないからです。カビ取り剤を吹き付けて、一晩寝かすと、こすらなくても汚れが落ちます。それでも落ちない汚れは、カビ取り剤を使用してラップで密閉することで非常に効果的です。

3. 鏡のウロコ取り

鏡の掃除は、普段忘れがちのためウロコだらけになっていることがあります。そんな鏡の掃除の方法には、様々な方法があります。

・「新聞紙で拭き取る」

水で濡らした新聞紙と乾いた新聞紙を用意します。濡れた新聞紙で拭き、その後に乾いた新聞紙で拭き取ります。新聞紙のインクの油が汚れを拭き取ってくれるため、驚くほど綺麗になります。

・「お酢を使用する方法」

自宅にある「お酢」を使用することで、汚れが取れます。酢で拭いて空拭きするだけで綺麗になります。酸性のクリーナーやクエン酸を溶かしたものと同様のため、綺麗になるのです。

・「重曹を使用する方法」

重曹は、お掃除をする上で、とても重宝されます。それくらいお掃除をする上で役に立ちます。水道水などの垢は、酸性のもので落ちます。しかし、手垢などは重曹が効果的です。

できるならば、重曹を水で溶かしてスプレーボトルに入れて使用することで掃除も簡単に便利にできます。この方法は、お酢も同様であり、水で溶かして酢水にしてボトルに入れて使うことで便利にお掃除することができます。

いかがでしたか?

このようにお掃除を行うことで、浴室を清潔に保つことにつながります。

是非、参考にしてください。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ