汚れと洗剤の種類

たくさん種類の洗剤

汚れの性質は、アルカリ性、中性、酸性、の3つに分かれます。ほとんどの汚れは、酸性です。キッチンなどの油汚れは酸性汚れです。トイレの尿石については、アルカリ汚れになります。掃除する際の基本は、汚れの性質と逆性のものを使用することです。洗剤は、様々な種類が存在します。液の性質で分けると、アルカリ洗剤、弱アルカリ洗剤、中性洗剤、弱酸性洗剤、酸性洗剤に分けることができます。洗剤の性質というのは、PH値により汚れなどに与える影響が異なるので洗剤のPHを把握することが重要です。

1. 「アルカリ洗剤」、「弱アルカリ洗剤」

・「アルカリ洗剤」

アルカリ洗剤は、レンジフードやガスレンジ周辺の油汚れ向けの洗剤になります。市販の商品では、キッチンマジックリンなどが当てはまります。このような洗剤は、主に頑固な汚れの部分に使用します。強アルカリなので、素材を傷つけてしまうこともあります。取り扱いに注意して使用してください。

・「弱アルカリ洗剤」

弱アルカリ洗剤に代表されるのは、マイペットなどです。ほとんどが、このような住居用洗剤と言われるものです。アルカリ洗剤より安全で中性洗剤より洗浄力があります。床の汚れや手垢、ガラス汚れなどに有効的です。現在、市販されている洗剤は、ほとんどが弱アルカリのものです。

2. 「中性洗剤」、「弱酸性洗剤」

・「中性洗剤」

中性洗剤に代表されるのが、ジョイやキュキュットなどの食器洗い向けの洗剤です。汚れを落とす場合は、中性洗剤を使用するのが無難です。金属面、塗装面、石材、プラスチック類、ゴム類、陶磁器などほとんどの素材に使用できます。

・「弱酸性洗剤」

人の肌と同じ弱酸性です。食器用洗剤やお風呂用洗剤で弱酸性の商品が多く存在します。

3. 「酸性洗剤」、「漂白剤」

・「酸性洗剤」

酸性洗剤に代表されるのが、トイレ用洗剤です。特に、サンボールなどが有名です。尿石や水垢、アルカリ性の汚れに効果が期待できます。しかし、即効性がないため、数分の時間を置いてから擦り洗いします。時間を置きすぎると素材を傷める恐れがあるので注意が必要です。

・「漂白剤」

漂白剤には、塩素系、酸素系、還元型、などが存在します。カビキラーやキッチンハイター、などは塩素系漂白剤です。主成分は、次亜塩素酸ナトリウムです。カビ除去に効果的です。また、お風呂場のカビ取りや排水口、キッチン回り、まな板、などに強い効果を発揮します。換気を行い、手袋、マスク、などは必ずするようにしてください。

人気の通信教育はこちら

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る