忙しい人向けの!布団をキレイにキープする掃除術

ハウスクリーニング
忙しく働く共働き世帯にとって、億劫になりがちな家事のひとつが「布団干し」なんだとか。毎日布団を外に出して干すのは、ちょっと現実的でない…もちろん分かります、そうですよね。そんな忙しい人向けに、布団を清潔にキープする方法を紹介します。

干せなければ、除湿機を使おう

時間がなくて、布団を外に干す時間がないなあ~と思ったら、室内で除湿機を使ってみましょう。布団は一晩で多くの汗を吸っているものです。まずはこの湿気を除去し、菌の繁殖を防ぐことが大事です。理想は布団を室内に吊るして(椅子などの上に掛けてもよいでしょう)、そばで除湿機をONに。布団乾燥機があればそれでももちろん構いませんが、除湿機は布団だけではなく洗濯物の乾燥や、室内の除湿にも使えるのでユーティリティ性ある家電ですので、1台あると重宝します。

掃除機も使えます

掃除機は床のごみを吸うだけの家電ではありません。布団についているダニの死骸や埃などもきちんと除去できるんです。乾燥させた後は掃除機を掛けて、アレルギーの原因となるごみを取り除きます。外干ししたときに布団を叩くよりも、掃除機の方が効果があります。布団タタキは、ダニの死骸や分を広げてしまうので、かえって清潔さを損なってしまうのだそうです。

除菌スプレーで仕上げ

最後に、ファブリーズなどの除菌スプレーで仕上げを行います。除菌スプレーは、ダニなどを殺す効果はありませんが、ダニのえさとなるカビ胞子の繁殖を防ぐ効果があり、間接的にダニの発生を予防することができます。除菌スプレーなんて効果あるの?と思っている方も一度使ってみてください。特にW除菌タイプは、ばい菌の細胞を破壊して除去するというダブル効果で、正しく使えば除菌率99.9%、日光消毒以上の効果が得られるのだそうです。

ベッド周りの環境をチェックしよう

3段階の掃除で、外干ししなくても布団の除菌ができることがわかりました。しかしながら、普段のベッド周りの環境が、カビやダニを繁殖させやすくなっていたのはキリがありません。ダニが繁殖しやすい環境は、20~30度の室内温度、75%以上の湿度、食料(フケ、ごみなど)などが挙げられます。ポイントはやはり湿度。窓を開けて出勤できるなら開け放しに、または換気扇を日中回しっぱなしにして、お部屋の乾燥状態を保ちましょう。

まとめ

忙しいからこそ、夜は快適で清潔なベッドで寝たいものです。ちょっとした努力を継続することで、外干ししなくても布団はキレイ・キープすることはできますので、是非試してみてくださいね。

人気の通信教育はこちら

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る