家の掃除にも!ハウスクリーニングに使う道具とは

家の掃除にも!ハウスクリーニングに使う道具とは

掃除の道具といえば様々なものがあり、効果的に使うと掃除がとても楽になります。特にプロが使う道具は非常に便利なものばかり。今回は、一般の家庭でも揃えられる、ハウスクリーニングに使用する道具についてご紹介します。

ハウスクリーニングに使用する道具は?

ハウスクリーニングには様々な道具が使用されます。では、その道具にはどのようなものがあるのでしょうか。

一般家庭で揃えられるものが多い

ハウスクリーニングに使用する道具は、一般の家庭でも簡単に入手できるものも少なくありません。百円ショップや大型スーパーの家庭用品コーナー、ホームセンターに出かければ、プロが使用するハウスクリーニングの道具がほとんど手に入ります。特に品ぞろえの多い店では、大きさや素材など様々な種類を揃えることができます。

最善の道具を選択し、出来るだけ簡単に掃除する

では、ハウスクリーニングの道具を使用するにはどのようなメリットがあるのでしょうか。もっとも大きなメリットは、掃除の手間と労力を省けるということ。家の中には平らな場所や入り組んだ場所、細かい場所など様々な場所がありますが、最善の道具を選択すれば、掃除のしにくい場所でも簡単にクリーニングを行うことができます。

専門業者でないと手に入らないものある

ただし、ハウスクリーニングの中には専門業者でなければ手に入らない道具もあります。これらは専門性が高く、大型の器具が多いのが特徴。家庭で掃除をするよりもはるかに強力に汚れを落とすことができ、掃除のスピードも上がりますが、家庭に用意するには高価な場合が多く、サイズも大きいため、これらの道具を使いたいという場合には、専門の業者に依頼するのがよいでしょう。

プロが使うそうじ道具は?

ハウスクリーニングの専門家など、掃除のプロフェッショナル。実はプロが使う道具でも、家庭でも簡単に手に入るものは少なくありません。

スポンジ

掃除に便利なものと言えばスポンジ。スポンジは水を適度に含むことができ、含ませる洗剤などの量も調節できるため、部屋中のお掃除に利用できます。

では、掃除のプロはどのようなスポンジを使用しているのでしょうか。実はプロが使用しているスポンジも、一般の家庭で使っているものとほとんど変わりません。

プロが注目しているのは、スポンジの素材。スポンジには、ステンレス、アルミ、スチール、プラスチックなど様々な素材があり、それを掃除する場所によって適切な素材を選んで使用します。たとえば、表面が固いか柔らかいか、傷つきやすいか傷つきにくいか、塗装か化粧ボードかなどの違いを見極めて、最適なものを使用します。

家庭でスポンジを使用する場合は、片面が柔らかい素材、反対の面が固い素材で出来たものを使用すると、場所や汚れの状態によって使い分けることができるため、家庭での掃除にも便利です。

ナイロンブラシ、ワイヤーブラシなど

柄の先に毛が付いたブラシも掃除には便利な存在です。スポンジ同様、ブラシにも毛の材質や硬さ、長さなどで様々な種類があり、掃除のプロはそれらを最適な状況で使用します。たとえば、普通の家庭でも一般的な洗車ブラシ。家庭では洗車のみに使用することが多いブラシですが、掃除のプロは窓のサッシや網戸、玄関ポーチ、浴室などでの水洗いにも使用します。

また、家庭にもあるハブラシも細かい場所を洗浄するためには欠かせません。このとき、網戸などの柔らかい場所ではブラシの先が割れているタイプ、サッシなど硬い場所には固い毛のブラシなどといった形で使い分けます。

また、石材やタイルの目地、油や焦げができてしまったキッチン周りなどには、ナイロンと真鍮で出来たワイヤーブラシなどが使われます。

ぞうきん、ウェス類

掃除の道具と言えばまず思い浮かぶのがぞうきんです。掃除のときにぞうきんを使ったことがないという人はほとんどいないはず。このように一般的に馴染みのあるぞうきんですが、こちらもプロは素材を使い分けます。特に便利なのが、マイクロファイバーで出来たもの。網戸などは硬い素材のマイクロファイバー、ガラスや鏡などの傷がつきやすい場所は柔らかいものを使用します。コットンとは異なり、マイクロファイバーは毛が細く、吸水性も高いため非常に乾きやすいのが特徴なので、家のあちこちを掃除するときにも便利です。

一方、ぞうきんは手軽さが魅力。使い古しのタオルなどを利用するとコストも抑えられるだけでなく、まず汚れた場所をざっくり掃除するときにも便利です。

ヘラ類

なかなか一般の家庭では使われることはありませんが、掃除のときに便利なのが「ヘラ」。ヘラはこびりついた汚れをこそげ取るための掃除用具で、床や部屋の隅の直角になっている部分の汚れを落とすときには非常に便利。大きさや素材も様々なので、サッシの内側やフローリングの床など、なかなか掃除が難しい場所でも簡単にきれいにすることができます。

また、へらの部分がゴムでできているスクイージーや吸水性の高い素材でできたウォッシャーはガラスの清掃に便利。雑巾などを使用した場合、どうしても拭き残しができてしまいますが、これらの道具を使用することで水跡のないきれいな状態で仕上げることができます。

ヘラはプロの掃除道具といったイメージですが、実際はホームセンターなどで気軽に購入することができます。

ハウスクリーニング専用のプロ道具

ハウスクリーニングの道具の中には、プロだけが使っている専用の道具もあります。

業務用高温スチームクリーナー

高温のスチームによってこびりついた汚れを浮かせて落とすスチームクリーナーは家庭用のものもありますが、プロが使用するのが業務用のもの。家庭用のものよりもスチームの量が多く、高温なので、焦付きや汚れを落とすときに非常に役立ちます。また、高温のスチームを使用することで、カビ対策や殺菌の効果も期待できます。

角サンダー

角サンダーはモーターで接触面を細かく振動させることで、窓や床などに磨きをかけるための道具です。角サンダーが特に威力を発揮するのはガラスや鏡など。ガラスや鏡などの場合、くもりが浮いてきたり、ガラスが焼けたりした場合、なかなか通常の拭き掃除だけではきれいにすることができませんが、角サンダーを利用することでくもりや水垢、焼けなどの汚れを落とし、新品同様の透明感を取り戻すことができます。また、パッドに取り付けるシートを取り換えることで、様々な場所に使用することができます。

ポリッシャー

ポリッシャーは床を磨くための専門の道具です。先端部分に回転するタワシを取り付けて、床を磨く姿はビルの清掃などで目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。ポリッシャーは非常に便利な道具ですが、大型で、床の素材を選ぶため、一般的なハウスクリーニングに登場する機会は少ないかもしれません。ハウスクリーニングではポリッシャーよりも掃除機が登場することが多く、業務用の掃除機の場合、吸引力が高いだけでなく、より細かいごみを吸引できる、耐久性やごみの収容力に優れているといった特徴もあります。

まとめ

家の隅々まできれいにしたいというときだけでなく、普段の掃除でも専用の道具を使用すると非常に便利。楽に掃除をすることができるため、時間と体力の節約にもつながります。お家をキレイにしたいなら、まず道具選びから始めてみてはいかがでしょうか。

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

ハウスクリーニング掃除について

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ