夏終わりにやっておくべき3つの掃除

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

夏の終わりに掃除すべき場所

あつーい8月も終わり、ようやく9月になりましたね。

と、言ってもまだ暑いことに変わりはありませんが・・・。

夏終わり、今の季節に掃除しておくべきところについて3つご紹介させていただきます!

①エアコン


夏の間はどうしてもエアコンがかかせません。

普段なかなか掃除できない場所ですが、きれいにして新しい季節を迎えたいですよね。

ひと夏がんばってくれたエアコンの中は、とんでもないことに・・・!

フィルターやボディの掃除はもちろんですが、もう一か所、家庭でも簡単に掃除できる箇所があるのです。

実は・・・

エアコン修理で一般家庭に最も多い問い合わせは、エアコンからの水漏れだそうです。

水漏れの原因は様々ですが、その9割が「ドレンホース」の詰まりによるものです。

ドレンホースとは、エアコンが空気を冷やす際に発生する汚水を室外に排出するためのホースで、室外機の近くにあります。

このドレンホースがほこりやゴミ、砂、虫の死骸などで詰まると、汚水がうまく室外に排出されずに水漏れしれしまう可能性があります。

ドレンホースの詰まりは、菜箸のような細長い棒で中の汚れをかき出したり、布をあてた掃除機の吸い込み口を押し当てて吸い込んだりして掃除すると簡単です。

 また、ホームセンターでドレンホース掃除用のポンプや、ホースの先につけるキャップも購入可能ですので、ぜひ試してみてください。

②フローリングのワックス


フローリングは掃除がしやすく、汚れも付きにくいため普段から定期的に掃除する方がほとんどではないでしょうか?

ワックスがけというと、年末の大掃除のイメージをお持ちの方も多いと思うのですが、実はこの時期にやることのメリットも多いのです。

ワックスをかけるためには、窓を開けて換気をする必要があります。

冬だと寒いですよね・・・。

窓を開けていられる、気候のいい季節に終わらせてしまえば、大掃除であわてることもありません。

また、今の季節は割と暖かいことが多いので、冬に比べてワックスが早く乾きやすいというメリットもあります。

冬になかなか洗濯物が乾かない・・・という経験をお持ちの方は多いと思います。

ワックスも同じで、気温が低かったり、湿度が高かったりすると乾きが悪くなってしまいます。

湿気が多いとカビが繁殖します。

夏の間に大繁殖したカビたちを一気に片づけてしまいましょう。

実は、お風呂場で一番カビ菌が多く潜んでいるのは『天井』です。

立ち上った湯気が天井付近に長くとどまることで、湿度が高く繁殖しやすい環境を作ってしまうためです。

天井の場合は目に見えなくても菌が繁殖しており、それが壁や床に付着することで黒いカビが生える原因になります。

天井の掃除には、フローリングなどを掃除するモップが便利です。

アルコールなどの殺菌作用のある液体を付けた布を巻き、天井をゴシゴシこするように掃除することでカビ菌の繁殖を抑えることができます。

また、意外と見落としがちなのが洗面器やイスの裏です。

シャンプーやせっけんのカスが溜まり、カビが生えたりヌルヌルになって菌が繁殖してしまいます。

やる気スイッチ入りましたか?

以上、今掃除すべき場所について特集しました。

これを読んで、掃除欲が高まった!

という今だからこそ、掃除に取り掛かってみてはいかがでしょうか?

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ