トイレや洗面所をキレイなままで保つ方法

トイレや洗面所をキレイに持つ方法 ハウスクリーニング

トイレは、日常生活の中で頻繁に使用します。頻繁に使用するため、汚れやすい場所です。トイレには、水垢の汚れと尿石の汚れなど、落としづらい汚れがたくさんあります。

このような汚れは、固着する前に取り除くことが1番、大切です。そこで、トイレや洗面所をキレイなままで保つ方法をご紹介します。

1. 尿の飛び散りを防ぐ

男性がトイレを使用する際に、便座に座ってすることをオススメします。立ってトイレをすることは、想像している以上に、様々な場所に飛び散っています。座るだけで、かなりの飛び散りを防ぐことにつながります。

小便や大便をしさ際には、便器の淵や便座の裏側などを拭くようにしましょう。洗剤やブラシを使用して毎日、掃除するのではなく、その都度で軽く拭くことがトイレをキレイに保つために大切です。また、週に1回洗剤などで掃除することでキレイに保つことができます。

2. トイレが汚れる原因

・「水垢」

水垢というのは、水道水に含まれるミネラルが固まり出来てしまいます。つまり、水滴をそのまま放置することで乾燥して水垢になります。これを予防するためには、濡れた場所を放置せずに、すぐに拭き取ることが大切です。また、定期的にお酢を使用して拭き取ることで、効果的です。お酢を使って拭き取りましょう。お酢を使用しても拭き取れない場合は、時間をおきブラシなどでこすることで落ちます。

・「尿石」

尿石とは、人の尿に含まれている尿素やたんぱく質などの成分のことです。最近の働きにより変質した成分のことを言います。他にも、便器のみではなく排水管にも付着し溜まります。付着してしまうと落とすことが難しいため、こまめに掃除することが大切です。尿石とは、アルカリ成分であるため、酸性の洗剤を使用することで落とすことができます。しかし、強力な洗剤を使用しなければ落とせないため、注意が必要です。

3. 洗面所の水垢

洗面台の水垢は、特に汚れが目立ちます。飛散した水滴や歯磨き粉、皮脂などが付着して凝固します。ここで活躍してくれるのが、クエン酸と重曹です。クエン酸は、酸性であるためアルカリ性の汚れに効果的です。逆に重曹は、酸性の汚れに効果があります。

また、古くなったストッキングを使用することで、汚れ落としに役立ちます。歯ブラシなど細かい部分を磨くものがあれば、問題ありません。

どうしても取れない汚れなどは、業務用の洗剤が必要になるため、個人での掃除はオススメしません。強力な洗剤を使用する際には、専門業者などに委託することをオススメします。

人気の通信教育はこちら

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る