キレイ好きさんにぴったり!ハウスクリーニングの仕事内容は?

キレイ好きさんにぴったり!ハウスクリーニングの仕事内容は?

掃除が好き、掃除が上手という人の中にはハウスクリーニングという仕事に興味のある方も多いはず。ハウスクリーニングは資格なども必要なく、資金が少なくてもスタートできるお仕事です。今回は杯スクリーニングの仕事内容や働き方についてご紹介します。

ハウスクリーニングって?

そもそも、ハウスクリーニングとはどのような仕事なのでしょうか。ハウスクリーニングとは、建物や住居に関する掃除のスペシャリストの故障です。

たとえば新築のマンションなどの場合、様々な業者がその部屋で仕事をするため、新しくても部屋が汚れてしまっている場合も少なくありません。そうした場合にもハウスクリーニング業者が登場し、新しい部屋を掃除して、持ち主に引き渡せる状態に仕上げていきます。

また、ハウスクリーニング業者の中には、すでに人が暮らしている一般の住居を専門に掃除をするという業者も存在します。長く生活していると、エアコンや換気扇の内部、キッチン、バスルームなど、素人ではなかなか手を出すことができない場所や、きれいにするのが難しい場所が生まれてくるもの。そんなとき、ハウスクリーニング業者に依頼することで、溜まった汚れをキレイにすることができます。

その他、賃貸住宅の入居前や退去後、宿泊施設といった場所の清掃に関わることもあります。

ただし、ハウスクリーニングは一般の家事代行サービスや家政婦サービスとは異なります。家事代行サービスや家政婦が、掃除以外の家事も対象にしているのに対して、ハウスクリーニングの場合はあくまでも掃除が専門。家事代行サービスが家庭にある掃除機やぞうきんといった道具を使用するのに対して、ハウスクリーニングでは専門の道具を使用します。

つまり、ハウスクリーニングとは汚れを綺麗にするスペシャリストのことなのです。

ハウスクリーニングの仕事内容

それでは、ハウスクリーニングについて、より詳しい仕事内容を見ていきましょう。

在宅ハウスクリーニング

ハウスクリーニングの中で、もっとも親しみ深いのが個人宅を対象に行うハウスクリーニングです。家庭を対象にしたハウスクリーニングの場合、指定された時間に家庭を訪問し、まず現状をチェックして見積もりを行います。もしそれで契約ということになれば、必要な機材や掃除の道具を揃えてクライアントの要望に応えてクリーニングを行います。

個人宅のハウスクリーニングでは、素人では手の届かない場所のクリーニングが中心に行われます。

たとえばエアコン。エアコンの清掃は、家庭では外側を拭いたり、フィルターを洗浄したりといった程度しか行うことができませんが、専門家であるハウスクリーニングに依頼した場合、エアコンを分解して内部の奥深くにある部品を洗浄、こびりついたホコリや、湿度によって発生したカビなどを除去します。また、今後カビの発生を防ぐための防カビ剤などの塗布を行うといった場合もあります。

また、キッチンの換気扇も依頼の多い場所のひとつです。こちらも家庭ではカバーやフィルターの洗浄にとどまりがちですが、ハウスクリーニングでは換気扇を分解し、こびりついた油汚れの除去も行ってくれます。そのほかにも、水垢や尿石がこびりつきやすいトイレ、目地などにカビが入り込んだり、鏡のくもりが取れなかったりといったバスルームなども人気の掃除場所です。

賃貸住居のハウスクリーニング

クリーニングの専門家であるハウスクリーニングでは、賃貸住居の掃除を行うことも少なくありません。賃貸住居の掃除の場合、大きく分けて入居前と退去後のふたつのタイミングでクリーニングが行われます。新築物件の場合、住居が使用されたことはありませんが、建築の際のほこりが溜まっていたり、天候によっては窓が汚れていることもあります。その場合、今後入居する人に不自由がないように住居のクリーニングを行います。場合によっては、今後の汚れがつかないように床にワックスをかけるといった処置が行われることもあります。

一方、退去後の物件っ件の場合、原状回復のためのクリーニングが行われます。壁紙などの張替えやフローリングの補修は内装業者が行いますが、壁紙やフローリングを張り替えるほど汚れていないといった場合には、ハウスクリーニング業者ができるだけ室内を賃貸前の状態に戻すように清掃を行います。その場合には、在宅のクリーニングと同様に、水回りや換気扇、バスルーム、トイレなどの掃除が行われます。

宿泊施設などでの清掃

ホテルや旅館、民宿といった宿泊施設の清掃もハウスクリーニングの重要な仕事です。これらの施設は宿泊の期間が短く、それほど部屋が汚れていない代わりに、チェックアウトからチェックインまでの時間制限がある中で清掃を行わなければならないというのが特徴です。そのため、できるだけスピード感のある仕事が必要になります。

また、ホテルなどによっては家具や備品の配置、状況などについてしっかりマニュアルがあるため、それらを遵守することも大切です。これら宿泊施設でのハウスクリーニングはベッドメイクやシーツなどの洗濯をトータルで行う場合もあり、住居のクリーニングとは異なるスキルが求められますが、今後は民泊施設の増加などが見込まれているため、成長する分野だと言えるでしょう。

このほかにも、オフィスビルや商業施設といった大規模なクリーニングや、テーマパーク、公園、スポーツ施設といった場所での清掃もハウスクリーニングの仕事に含まれることもあります。

ハウスクリーニングの働き方

このようにハウスクリーニングが対象としているのは非常に幅広い分野ですが、実際にハウスクリーニングで働く場合、どのような働き方があるのでしょうか。

ハウスクリーニング会社に就職

ハウスクリーニング業界未経験の場合、おすすめはハウスクリーニング会社に就職するという方法です。ハウスクリーニング会社に就職した場合、未経験でも研修を通じてクリーニングの専門家としてのスキルや技術を身につけることができます。さらに、大手の会社の従業員となる場合には安定した給与があるのも魅力です。

個人で独立する

もしある程度の技術や人脈、資金がある場合、個人として独立するという方法もあります。ハウスクリーニングは比較的低額の資金で開業できるため、個人で独立することも他の業界に比べると容易です。さらに個人で独立した場合には、自分のライフスタイルに合った働き方ができる、売り上げがすべて自社の利益になる、自分の好みに合ったクリーニングの仕事を選ぶことができるといったメリットもあります。ただし、個人で独立した場合、ほとんど誰にも知られていない状態で仕事をスタートさせなければならず、集客や宣伝など、すべて自分で行わなければならないというデメリットもあります。

フランチャイズで起業する

ハウスクリーニング会社に就職する方法と、個人で独立する方法の中間と言えるのが、大手のフランチャイズに加盟して起業するという方法です。これは大手のハウスクリーニング会社の支店となる方法で、研修やクリーニング機材などの面でサポートを受けることができるほか、大手の名前を使えるため仕事が取りやすいというメリットもあります。

反面、開業の際にまとまった金額が必要で、毎月一定の金額を会社に納めなければならないという場合もあります。

まとめ

将来性の高いハウスクリーニング業界。成功すれば自分の会社を持つことも可能です。もしハウスクリーニングに興味があるという方は、このチャンスにハウスクリーニングについて勉強してみてはいかがでしょうか。

ハウスクリーニング掃除について

ハウスクリーニング資格取得検定講座はこちら

ページトップへ