キッチンの床掃除に用意したい!定番グッズはこちら

ハウスクリーニング
キッチンは毎日使うので、日々こまめに掃除をしないと汚れが染み付いてしまいますし、衛生的にもよくありません。週1のきちんとした掃除よりは、使いながら掃除できる「ながら」グッズや、汚れないための予めの工夫が大事です。今日から導入できる、簡単なお掃除方法とグッズを紹介します。

ティッシュ+アルコールで常に拭く

キッチンに掃除機を掛+掃除をして、という「重い」掃除方法は、共働きではできても週1回が限度ではないでしょうか。日々の汚れは、もっと簡単に済ませられた方がいいですよね。そこで、キッチンにありそうなものを使ってちょっと汚れが跳ねたときなどにケアしてきます。使うものはティッシュとプッシュタイプのアルコール。ティッシュはキッチンにはちょっと置いてないな、という人はキッチンペーパーを使ってもOKです。

油モノを揚げるときは新聞紙を敷く

おうちで揚げ物をするときは、特に床が汚れるタイミングです。そんなときは新聞紙を前もって敷いておいて、油跳ねを受け止められるようにしておくといいす。揚げ物とまでは行かなくても、油を少し多めに引いて調理する場合などは、前述のティッシュ+アルコールで十分ですね。

フローリングワイパーを常備

キッチンはあくまで作業する場所。フローリングワイパーを、キッチン用に用意しておくのもひとつの手です。最近では、立てておけるスタンドも用意されていますので、スペースを取らずにフローリングワイパーをキッチンの隅にスタンバイさせておくことができるでしょう。

作業しながら掃除できる!

いちいちの掃除が面倒…というょっとめんどくさがりな人には、作業しながら自然と床の汚れを拭き取ることのできる、モップ付きのスリッパがオススメです。マイクロファイバーのモップスリッパなら、洗うことができる製品が増えているので、繰り返し使える点も魅力的。床から感じる冷たさも軽減されるので、冬の間だけ使うように心がけてもいいですね。

床掃除に用意しておきたいものは

定番ではありますが、「重曹」は掃除用品でもっとも良く使います。スプレーになっているものが便利です。重曹は、吹きかけた後で少し時間を置くのがポイント。消臭効果もありますので、特に汚れてしまったな~というときのために用意しておきましょう。

まとめ

キッチンの掃除は、「さあやるぞ!」という心構えよりも、日々のこまめなお手入れで、簡単に済ませるほうが美しさを保てるように思います。キレイなキッチンならば、料理のモチベーションも沸いてくると思いますので、是非必要なグッズを揃えてみてください。

人気の通信教育はこちら

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る