こげつき 手垢 その他の汚れの落とし方について

こげつきなどの落とし方 ハウスクリーニング

「こげつき」、「手垢」、「その他」の汚れの落とし方についてご紹介します。

1. 「こげつき」

・「こげつきって何?」

こげつきは、食事を作る際に、煮こぼれしてしまったり、拭きこぼしてしまったり、汁などが汚れとして残る、などによる汚れから生じます。このような汚れを除去しないまま同じことを繰り返してしまうと層が厚くなり、一般の掃除方法では取り除くことが難しくなってしまいます。そのため、吹きこぼれた時点で毎回、拭いてあげることをオススメします。グリルなどの焦げは、取り除きにくいだけでなく悪臭の原因になるため早急に対処することをオススメします。

・「対処方法」

焦付きは、汚れの状況により除去方法が違います。汚れが軽い場合は、台所用洗剤で簡単に取り除くことができます。しかし、落ちない汚れの場合は、洗剤をつけて泡立てることで汚れを拭き取ります。メラニンスポンジを使用することで、効果に期待できます。このような方法を試しても汚れが落ちない場合は、削る方法しかありません。ステンレスのヘラなどを使用してコゲの酷い部分を削ります。

2. 「手垢」

・「手垢って何?」

ドアノブや、その周辺、スイッチ周り、パソコンのキーボードなど普段の生活で触るところは汚れています。人間の手は、様々なところを触ります。そうすることで、菌や油、埃などが付いてしまいます。

・「対処方法」

ドアノブや扉などの建具まわりは、洗剤を濡らし雑巾になじませることで拭いていきます。それでも落ちない場合は、メラニンスポンジなどで擦ります。家電製品などは、綺麗な雑巾で拭いていきます。洗剤を付けて拭くの繰り返しです。

3. 「その他」

・「浴室の換気扇の掃除」

まず、広げた新聞紙などの上に外したフィルターを置き、掃除機で吸い取ります。次に、こびりつきが酷い場合は、歯ブラシなどを使用します。カバーについては、固く絞った雑巾で水拭きします。

・「シャワーホースの掃除」

シャワーホースを壁にかけた際に、下の部分のホースは水滴が残るため汚れやすいです。特に、金属製の部分は、隙間に汚れが溜まりやすいです。浴室用洗剤を吹きかけてしばらく置きます。歯ブラシなどで狭いところを掻き出せる道具を使用して掃除しましょう。

・「鏡」

鏡には、どうしても鱗状汚れが付いてしまいます。酸性のクレンザーで落としたり、ダイヤモンドバッドサンダーなどで削り取ります。家にあるものを使用する場合は、酢を使用した汚れ落としなどが有効です。

人気の通信教育はこちら

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る