お風呂掃除は「習慣」が大事!部位別掃除頻度とクリーニング方法は?

ハウスクリーニング
お掃除の中でも、お風呂の掃除は特にめんどくさいと感じている人が多いのではないでしょうか?毎日使い場所なので、掃除も頻度がとても重要になります。どの部位を、どんな頻度で掃除したらいいのか、ちゃんと整理しないと掃除をし忘れてしまいそうですよね。お風呂が毎日ぴかぴかにきれいだと、使うときも気持ちよさが違いますので、家族みんなのためになります。掃除場所と頻度について、簡単に解説します。

毎日:浴槽

浴槽の掃除は、一番の習慣づけが必要な場所。洗うタイミングは、生活のどこかに組み込んでおいたほうがいいでしょう。個人的には朝一のお化粧前のタイミングがオススメ。夜使ったお湯を抜いた浴槽には、朝いろいろな髪の毛や皮脂などの細かいごみが溜まっています。それらの除去と同時に、浴槽の湯垢を取っておきましょう。洗剤は毎日使わなくても大丈夫です。

毎日:洗い場の床

掃除というよりはお手入れにちかいでしょうか。使い終わった後の水気を払っておくだけでも、カビの繁殖予防になります。こちらは最後にお風呂を使った人の仕事。着替えたら床を浴室用のモップや、箒(これが意外に便利に使えます)で水気を切っておきましょう。生活のペースで、このタイミング、というのを決めておきたいですね。

週1壁:カラン

湯垢がつくといつの間にか曇っている水栓金具。湯垢がこびりつくと段々取づらくなってしまいます。ガラス用の洗剤と固めのブラシを使って、少し気になりだした位で磨いておくのがポイントです。見違えるほどぴかぴかになるので、掃除した成果がとてもわかりやすく、気分よくあたらな気持ちで使えるようになります。

月1~2回:壁や天井

壁や天井を頻繁に掃除しようと思う人はすくないかもしれません。が、湯気が常に上がっているのでカビが繁殖している可能性が大。柄の長いモップなど、壁や高いところに届くお風呂掃除グッズがたくさん売られていますので、月に1度はお手入れするようにしましょう。

半年1回:換気扇

現在お風呂に必須となっている換気扇は、フードを取り外してお掃除できるものが多いです。時間が経つとファンに埃がたくさんつき、吸い込む力にも影響があります。意外と簡単に取り外せて、掃除もラクチンにできるものが多いので、是非試してもらいたい掃除ポイントです。

まとめ

掃除の頻度も大事ですが、掃除しやすい環境にしておくことも大事ですよね。シャンプーなどのボトル類は、壁についた棚に仕舞って、なるべくお風呂の床に何も置かないほうが衛生的に良いようです。きれいにした後のバスタイムはとても気持ちの良いものになりますので、是非習慣つけてお風呂をきれいに保ちましょう。

人気の通信教育はこちら

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る