お掃除の味方お酢パワーをフル活用する方法

お酢パワーで掃除 ハウスクリーニング

バスルームで活躍する「お酢パワー」

シャワー、バスタブ、洗いおけ、いすなどにこびりついた石けんカスや水道水のカルキの結晶などを落とすにはお酢を使います。お酢を温めて霧吹きにつめます。シャワー、バスタブなど気になるところにスプレーしたら、そのまま10~15分浸しておきます。そのあとでナイロンのスポンジタワシを使って汚れを落としていきましょう。シャワーヘッドにこびりついた石けんカスや結晶を落として、さらに詰まらないようにするには、まずお酢をそのままビニール袋に入れます。シャワーヘッドをビニール袋の中に入れたら、ひもでしばってひと晩置きます。シャワーヘッドをこすり洗いし、はがれやすくなっている石けんカスや結晶をつまようじで突いて、そのあと勢いよくシャワーを出してやれば詰りが解消できます。ビニールのシャワーカーテンにも効果的です。カーテンの裏地についてしまった石けんかすやカビなどを取る時は、洗濯機にお湯を入れ、お酢1カップと普段使っている洗濯洗剤を入れます。そのままではビニールが浮いてしまうので、古いタオル数枚と一緒に入れて洗いから脱水までのコースで選択し、終わったらすぐにカーテンをもと通りかけ直します。

キッチンで活躍する「お酢パワー」

ステンレスのシンクや頑固汚れの魚焼きグリル、換気扇などをきれいにするには重曹をお酢でペースト状にして使います。泡がモコモコト発生しますが、怖がらないで大丈夫。こすらなくても驚くほどきれいにピカピカになります。重曹ペーストの使い方は、汚れが気になるところに塗って放置するだけです。放置する時間は汚れの頑固さによって30分~1時間程度。割り箸などで突いてみて、汚れの落ち具合を確認しましょう。あまり長く放置しすぎると塗料などが剥げてしまう恐れがあるので注意してください。排水管を詰まらせないようにするときもお酢&重曹パワーが効果的です。お酢1/2カップと重曹1/2カップを排水管に流します。泡が出てきますから15分ほど排水口をふさいで置きます。そのあとで、水を勢いよく流します。これを月に1回のペースでやれば、排水管の詰りや臭いが気にならなくなります。

 まだまだある「お酢パワー」

窓ふき用の洗剤をつくるなら、水1リットルに対してお酢1/4を加えて霧吹きに詰めればOK。お酢と水を半々に混ぜて鏡を磨くとピカピカになります。スポンジか柔らかい布、またはペーパータオルをこの液で濡らして磨き、そのあとでからぶきします。鏡に直接スプレーしてはNG。鏡のフチや裏側にお酢の成分が入りこんでしまうと鏡の銀メッキを変質させてしまい、黒いシミができてしまいますから注意してください。洋服のわきの下の部分にお酢をスプレーして15分くらい放置しておくと臭いが消え、さらにわきの下特有の汗ジミも薄くなります。

 

人気の通信教育はこちら

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る