いつもきれいに保ちたい!キッチンのシンク周りの掃除の仕方

いつもきれいに保ちたい!キッチンのシンク周りの掃除の仕方

食材を扱うキッチンはできるだけきれいにしておきたい場所のひとつです。特にシンク周りはピカピカにしておくと気分がいいもの。しかし、シンク周りは汚れやすい場所でもあります。今回はシンク周りの掃除のコツや、キッチンをキレイに保つポイントについてご紹介します。

シンク周りの汚れの正体

どれだけ掃除をしても、すぐに汚れてしまうシンク周り。実はシンク周りには異なる種類の汚れが存在しています。

水垢

シンク汚れの中で、もっとも目立つのが白いザラザラの汚れ。実はこれは水道水に含まれているマグネシウムやカルシウムなどが乾燥して結晶になった水垢。この水垢は放置すると蓄積して取りにくくなってしまいます。さらに、そこに食器洗い洗剤の石鹸粕が結合、固まってしまうことも少なくありません。

キッチンのシンクで水垢に次いで多いのが黒い汚れです。この汚れの正体は雑菌やカビ。食器を洗ったあとの油が残ってしまうと、この雑菌やカビの栄養源になってしまいます。これらの雑菌やカビは衛生的な問題だけでなく、悪臭の源となったり、排水管の詰まりの原因となることもあります。

食べ物のカス

雑菌やカビの栄養源となるのは油だけではありません。食べ物の細かいカスなども雑菌やカビの栄養源になってしまうこともあります。これらの雑菌やカビは少し残っただけでも繁殖を続けてしまうため、キッチンをキレイに保つためには、徹底的に掃除をすることが必要になります。

シンクの掃除の仕方

それでは、実際にシンクを掃除するときにはどのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。

軽い水垢はお酢で落とせる

キッチンのシンクでもっとも目立つ水垢汚れ。実はこの水垢汚れはお酢で落とすことができます。水道水のミネラル成分が残ってしまった水垢はアルカリ性の性質を持っているため、反対の性質である酸性を含んだ物質で洗うのが効果的。といっても、キッチンは食べ物を扱うところなので、できるだけ口に入っても安心なものを選びたいもの。そんなとき、酸性の性質を持っているお酢なら、調味料としても利用されるものなので、キッチンのシンクで洗剤の代わりに使用しても安心です。

お酢を使ってキッチンのシンクを掃除する場合には、お酢と水を1:2の割合で配合した酢水を使用します。この酢水をティッシュかペーパータイルに含ませて水垢の溜まった場所にパックして二時間程度放置、その後ブラシやスポンジなどで洗い流すと、しつこい水垢も簡単に落とすことができます。

油汚れが多いときは重曹を使う

お酢などを使ってもまだ白い汚れが残っている場合、それは水垢の中に油が結合して別の汚れになっている可能性もあります。そうなってしまうと、なかなかお酢だけでは落としにくいもの。そんなときに便利なのが重曹です。重曹はアルカリ性の性質を持っているため、油汚れを落とすには非常に効果があります。

重曹をキッチンの掃除に使用するときには、まずシンクを水洗いして、粉のままの重曹を汚れがひどい部分に振りかけます。その後、約一時間程度放置して、その後ブラシやスポンジなどを利用して油汚れを落とします。

頑固な水垢にはクエン酸のパックをする

頑固な水垢の汚れには、クエン酸のパックも効果的です。クエン酸も口に入っても安全なので、安心して掃除に使用することができます。

クエン酸パックのやり方は、水にクエン酸を溶かして汚れに吹きかけ、その上にティッシュやクッキングペーパーを重ねるだけ。その後、三時間程度放置すれば頑固な水垢もあっさりと落とすことができます。さらに効果的にしたいという場合、ティッシュやクッキングペーパーの上からラップを巻き付けるのもよいでしょう。

また、クエン酸はお酢と同様に酸性の性質を持っていますが、お酢のような独特のにおいがないため、お酢のつんと来るにおいが苦手という人にも安心して使用することができます。

排水口の掃除の仕方

排水口はシンクの中でも汚れやすい場所。できれば触りたくないと掃除をさぼっていると、ますます汚れがひどくなってしまいます。

カビや雑菌が繁殖しやすい場所

排水口はシンクの中でもカビや雑菌が発生しやすい場所。常に湿っていることに加えて、排水口には油や食べ物のカスが残りやすく、カビや雑菌にとっては繁殖のためには絶好の環境。

もし表面上は汚れがなかったとしても、ぬめりがある場合には食材の残りカスが残っている可能性もあります。もしそうだった場合には、カビや雑菌が繁殖して黒く汚れてしまうのも時間の問題です。

排水溝のカバーの裏まで全部掃除する

では、排水口はどのように掃除すればよいのでしょうか。排水口の中でも見逃されやすいのが排水口の中にあるカバー。実はこのカバーは取り外しができることも多いのですが、それを知らないという場合、カバーの裏で雑菌やカビが繁殖してしまいます。

そのため、シンクを掃除するときには、カバーが外れるかどうかをチェック。もしカバーが外れる場合には、裏側まできちんと掃除をすることが必要です。

食器用洗剤と捨てる前の歯ブラシを使って磨く

シンクの掃除を行うときには、まず食器洗い洗剤が便利です。食器洗い洗剤は常にシンクに置いてあるものなので、すぐに手に取ることができます。

また、特別な道具を使うよりも使い古した歯ブラシやスポンジなどが便利。特に歯ブラシは細かいところを磨くだけでなく、なかなか届かない排水口の奥の汚れを落とすこともできます。

もし、茶渋の汚れなどが付着している場合、水を含ませるだけで汚れが落とせるメラミンスポンジなどを利用するとよいでしょう。

このほか、シンクの汚れ落としにはクレンザーなどが用いられることもありますが、あまり力を入れすぎるとシンクを傷つけてしまうこともあり、注意が必要です。

重曹+酢でしっかり汚れを落とせる

もし徹底的に汚れを落としたい場合、重曹とお酢の合わせ技が効果的です。重曹にお酢を加えると化学反応が起きて発泡、この泡の力で汚れを浮かせて落とすことができます。

排水口のカバーなどを分解して、この重曹とお酢につけておくだけで、ぬめりやカビ、雑菌などを一掃することができます。

頑固な汚れをつくらない日々のポイント

キッチンのシンクの掃除は、頑固な汚れになる前にきれいにするのが効果的。では、どのようにすれば頑固な汚れを防ぐことができるのでしょうか。

台所用洗剤できれいに洗って流す

キッチンのシンクをきれいに保つためには、まず洗い残しを防ぐことが必要です。お皿などを洗い終わったとき、泡を残したり、洗い残しをしないこと。また、シンクなどに油が垂れたときにも、きちんと洗って流すことが必要です。

残った水分はきれいにふきとる

意外に見落としやすいのが、洗い物を終えたあとに残った水分です。もしシンクに水分が残ったままだと、それがカビや雑菌の繁殖を助けてしまったり、乾燥して白い水垢になってしまったりということがあります。それを防ぐためにも、残った水分はぞうきんやウェスなどでざっと拭き取りましょう。そうするだけで、キッチンを美しく保つことができますよ。

こまめな掃除が結果的に掃除を楽にする

シンクの掃除は溜まってしまうと汚れが固まってしまい、なかなかキレイにすることができません。しかし、毎日こまめに掃除をしていれば、結果的に楽にきれいな状態を保つことにつながります。

まとめ

キッチンのシンクは掃除が難しいと考えがちですが、身近な道具を使ってきれいにできるもの。もしキッチンの汚れに悩んでいる方は、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか

ハウスクリーニング資格取得検定講座

ハウスクリーニング掃除について

ハウスクリーニング資格取得検定講座
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ