知らないと損をする?占い師も使うバーナム効果の基本知識と使い方

知らないと損をする?占い師も使うバーナム効果の基本知識と使い方

占いにはコミュニケーション能力が重要です。しかし、すべての人が高いコミュニケーション能力を持っているとは限りません。そんなときに知っておくと便利なのが「バーナム効果」。バーナム効果は占いだけでなく、仕事にも日常生活にも使える便利な存在。今回は占い師も使うバーナム効果の基本知識や使い方についてご紹介します。

バーナム効果とは?

それでは、そもそもバーナム効果とはどのようなものなのでしょうか。

・誰にでもあてはまる質問に対して自分のことと思いこんでしまうこと

バーナム効果とは、簡単に言えば「誰にでも当てはまることを口にしたとき、それが自分だけに当てはまっていると思い込んでしまう心理的な現象」ということになります。

誰でも一般論よりも自分だけに当てはまる言葉に関心があるもの。

バーナム効果を効果的に利用すると、実際にはそれが多くの人に当てはまる一般論であっても、自分だけに当てはまることと考え、相手を自分のことを理解してくれる人だという印象を与えることができます。

そのため、バーナム効果を使うと相手に信用を与えたり、その人のいうことの多くを信じるといった現象が生まれます。

心理学用語の一つ

実はバーナム効果は、心理学用語の一つです。バーナム効果という言葉が生まれたのは1956年。アメリカの心理学者であるポール・ミールが興行師であったフィニアス・テイラー・バーナムの「誰にでも当てはまる要件というものがある」という言葉にちなんで名づけられた理論です。

フィニアス・テイラー・バーナムは、アメリカでサーカスの興行をヒットさせ、映画「グレイテスト・ショーマン」のモデルとなった人物でもありますが、ポール・ミールが行った実験は、被験者に心理テストを行い、その結果とは異なる情報を被験者に伝えるというものでしたが、多くの被験者は実験とは無関係でも、その結果は自分にとって適切なものだと感じてしまうことから、バーナム効果を証明しました。

占いで使われるバーナム効果

それでは、実際の占いでは、バーナム効果はどのように使われるのでしょうか。

血液型占い

日本で人気の高いのが「血液型占い」ですが、実は血液型占いには科学的根拠はありません。また、心理学の研究でも、血液型と性格に関連が見られるという結果は見つかっていません。

しかし、多くの人は「A型の人は几帳面で真面目」、「O型の人はおおらかな性格」などと言われるとすぐに信じてしまいます。

実際にはA型でもおおらかな人や、O型でも几帳面で真面目という人は存在します。また、「几帳面」「真面目」「おおらか」といった言葉にはプラスの効果があり、誰もが「こうなりたい」という気持ちを持っているもの。

そこで、「あなたはA型だから几帳面で真面目」と言われると、「自分は几帳面で真面目なところがある、それはA型だからだ」と納得してしまうのです。

性格診断

また、バーナム効果は性格診断でも用いられます。

たとえば、「マイペースな人ですね」と言われた場合、どのような人でもマイペースな部分はあるものですが、その部分だけをクローズアップしてしまうと、それが一般論ではなく自分だけに当てはまるように思い込んでしまいます。

つまり、誰にでも当てはまる言葉を、いかにもその人だけの特徴のように伝えるのがバーナム効果の手法ということになります。

バーナム効果の例文

バーナム効果を与える言葉には様々なものがあります。

悩みがありますね?

占いなどで多く用いられるこの言葉にも、バーナム効果が働いています。

そもそも占いやカウンセリングを訪れるときには、悩みがあることが多いもの。また、どんな人でも大小様々な悩みを持っているものです。

そのため、「悩みがありますね?」という言葉は誰にでも当てはまるものなのですが、悩んでいるときにそう言われると、「見抜かれた」「分かってくれる」といった気持ちになってしまいます。

ストレスを抱えていますね

これも「悩みがありますね?」と同様で、現代人でストレスを抱えていないという人はまったくといっていいほど存在しません。

このように誰にでも当てはまることを言葉にするのがバーナム効果を用いる基本となります。

几帳面な面もあれば、一方で大雑把な面もありますね?(対極)

バーナム効果を用いるときは、対極にある二つの要素を説明するという方法もあります。

たとえば「几帳面な面もあれば、一方で大雑把な面もありますね?」という場合、これもどのような人にも当てはまる言葉です。どんな人でも、几帳面と大雑把の、どちらの要素も持っているもの。

対極にある二つの要素を並べることで、どんな人にでも当てはまる言葉を伝えて相手の信用を勝ち取ることが可能になります。

バーナム効果による心理の変化

それでは、バーナム効果を使用すると、相手の心理にはどのような変化が生まれるのでしょうか。

・言葉を言ったひとに対して信頼感がうまれる

バーナム効果は、信頼感を生み出すという効果があります。占いの場合、最初にまったく的外れなことを言ってしまうと、その後にどんな正しいことを言われても、その話がまったく信用できなくなってしまいます。

しかし逆に、最初に誰にでも当てはまることを言われた場合、その後のこともすべて正しいと考えて、相手の言葉が耳に入りやすくなります。

占われた方は占い師を理解者と感じる

人間は誰でも、自分のことを理解して欲しいと考えているもの。バーナム効果を用いると、相手に「自分はあなたのことを理解している」というメッセージを伝えることができます。

理解してくれる相手には、好意を抱きやすくなり、安心感と親近感を覚えるもの。その結果、もし的外れなことを言われたとしても、「この人が言うんだから間違いはない」と考えて、相手のどのような言葉であっても受け入れやすい心理状態になります。

バーナム効果を使うときの注意点

このように、様々な効果があるバーナム効果ですが、実際に使うときには注意しなければならないポイントがあります。

曖昧な言い回しの多様は占い師として不信感を与えかねない

占いやカウンセリングを行うときには、相手との信頼関係を構築することが非常に重要です。

最初の入り口としてバーナム効果は有効な手法。しかし、相手がこちらを信頼してくれるからといって使い過ぎは禁物です。

すでに説明したように、バーナム効果は「誰にでも当てはまることを伝える」というもの。そのため、ときには曖昧な言い方になってしまうこともあります。

もし曖昧なことを言い続けると、どんな人でも不信感を抱いてしまうもの。

それよりもきちんと占いを行い、相手のことを考えてその内容を伝えることが必要です。

上手な使い方は好感を与え、下手に使うと詐欺と捉えられることもある 

バーナム効果を使うと相手に好感を与えることができます。

しかし、バーナム効果がどのようなものかを知っている相手に対しては、あまり効果がありません。それどころか、「バーナム効果を使ってこちらをだまそうとしている」「バーナム効果を使うということは占いに自信がないに違いない」といったマイナスの印象を与えることもあります。

まとめ

占いやカウンセリングだけでなく、恋愛や仕事にも有効なバーナム効果。実際に使うときは、相手をだますのではなく、相手の気分をよくしてあげようといった気持ちで使用するのがよいでしょう。

西洋占星術資格

西洋占星術について

西洋占星術資格
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ