花粉症に効くハーブ

スペアミント ハーブ

目の充血など花粉症の症状に効果を発揮する「エルダーフラワー」

エルダーは、古くからさまざまな薬効があるとされ、広く民間療法に活用されてきました。飲用にしても、外用にしても万能薬とされ、その歴史はエジプト文明までさかのぼるといわれています。エルダーの樹は大きなものは10m近くまで成長します。花は枝からあふれるほど咲き誇り、クリーム色がかった白色です。爽やかな甘い香りはマスカットにも似ています。エルダーは根から実まですべてに薬効がありますが、リノール酸やフラボノイドが豊富な花を使ったハーブティーは手軽に楽しめるうえ、すぐれた薬効があります。

最も知られているのが、風邪やインフルエンザのさまざま症状を緩和する効果です。甘い香りのエルダーフラワーのお茶は、のどの腫れや痛みをやわらげ、発汗作用を促進します。花粉による目の充血やアレルギーなども緩和してくれます。濃い目に入れたエルダーフラワーのお茶をうがい薬として利用するのも効果的です。エルダーフラワーに砂糖を加えてつくる「コーディアル」はヨーロッパでは子供向けの風邪予防薬になっています。エルダーフラワーの葉には青酸配糖体サンブニグリンという有毒成分が含まれているため、嘔吐や下痢を引き起こす危険性があるので飲用しないようにしましょう。

清涼感あふれる香りや刺激で鼻づまりを改善する「スペアミント」

ミントは交配が簡単なうえ、雑種もできやすいので種類としては600種以上もあるといわれています。世界中に広く分布し、どのミントも風味が似ているため17世紀くらいまでは区別せずに用いられていたハーブです。ハーブティーによく使われるのは、スペアミントとペパーミントで、ヨーロッパでは特にスペアミントが好まれています。スペアミントのお茶は、ペパーミントのお茶に比べると香りがマイルドで、やさしい甘みが感じられます。ホットでもアイスでも飲みやすいのでミントティービギナー向けといえそうです。

爽やかな刺激は花粉症の諸症状の中でも鼻づまりに効果をあらわします。鼻がつまって頭がボーっとしているときは、リフレッシュ効果が抜群なので、集中力を高めたいときなどにはおススメです。

豊富なクロロフィルで花粉症の症状を緩和する「ネトル」

和名はセイヨウイラクサ。葉や茎に有毒のヒスタミンを含んでいる鋭いとげがあり、うっかり素手で触ると激しい痛みが数日間残るので取扱いには注意が必要です。ビタミン、ミネラルが豊富で多くの薬効がありますが、特に鉄分を多く含むことが知られ、貧血予防に高い効果があります。昔からアレルギー症の治療に使われていたネトルは花粉症の諸症状を緩和するとして、最近は花粉症治療でも注目されています。血液中のヘモグロビンに構造がよく似たクロロフィルを豊富に含み、浄血作用が高いためアレルギーに効果を発揮すると見られています。鼻づまりや涙目など、花粉症のつらい症状に苦しんでいる人は試してみてはいかがでしょう。

人気の通信教育はこちら

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る