火を使わない、ハーブを使ったアロマキャンドル『アロマワックスバー』

今、火を使わないキャンドル『アロマワックスバー』がブームです。普通のキャンドルと違うのは、使用時に火をつけないため安全なこと。そして、見た目がオシャレで可愛らしいことと、思ったより作るのが簡単なことから、手作りをする人が増えています。今回は、飾り付けにハーブを使って天然素材100%で作ったアロマワックスバーの作り方をご紹介します。蜜蠟だけで作ったアロマワックスバーは、贅沢な気分を味わうこと間違いなしです。

 

■アロマワックスバーの材料と道具

手のひらサイズの少し小ぶりの大きさです。

【材料】

・蜜蠟 25グラム

蜜蠟は、ミツバチの巣から取られるワックスで、クリームや口紅などの材料になり、食べることができるほどの安全です。塗ると殺菌効果や炎症を鎮める効果があります。未精製タイプと精製タイプがあり、未精製は濃い黄色で蜜蠟そのままの香りを残していて、精製タイプは乳白色でほぼ無臭です。お好みで選んでもいいですし、ブレンドしてちょうどいい濃さにするのもいいですね。

 

・精油 25滴

植物の香りの成分を取り出して集めたもので、強い香りを持っています。蜜蠟を溶かしたときに混ぜ込む場合は、蜜蠟の5%が目安です。

 

・ハーブ 適量

乾燥したハーブを用意します。選ぶハーブによって雰囲気がかなり変わるので、センスの見せ所です。

見た目が美しくなるおすすめのハーブ 

ローズのつぼみ ローズの花びら マロウブルー レッドクローバー ラベンダー ヒース ユーカリ など

 

・紙製の焼き型 1枚

タルトやマドレーヌ、パウンドケーキのお菓子用の焼き型がおすすめです。

 

【道具】

・小鍋

みつろうを溶かすのに使います。

・竹串またはストロー

つり下げ用の穴を開けるのに使います。

・リボン

穴に通して、つり下げ用に使います。選ぶリボンの色や素材によって雰囲気が変わります。麻ひもや毛糸でもいいですね。

 

■作り方

 

1.蜜蠟を小鍋に入れ、弱火で溶かします。

蜜蠟は液体になっても沸騰しないため、そのまま過熱を続けると200度で引火することがあります。加熱のし過ぎには注意しましょう。混ぜすぎると鍋の周りに溶けた蜜蠟が固まってしまいますので、あまり混ぜず自然に溶けるのを待ちます。

 

2.蜜蠟が溶けたら火を止めて、焼き型に流し込みます。

ゆっくり流し込むと、鍋に入れる途中の状態で蜜蠟が固まってしまうので、一気に流し込みます。

 

3.精油を混ぜます。

精油を混ぜて、竹串で混ぜます。

 

4.蜜蠟が固まり始めて端の色が少し変わってきたら、ハーブをのせます。

固まり始めると、あっという間に固まってしまうので、スピーディーに。

 

5.リボンを通す穴を開けます。

周りから1センチほど内側に、竹串やストローで穴を開けます。

 

6.固まったら、型から外しリボンを通します。

 

■使い方

インテリアとして室内に飾ったり、香らせたい場所に置いたりして使います。火を使わないので、クローゼットの中もOK。香りが薄くなってきたら、ハーブの部分に精油をしみ込ませると香りが復活します。気分によって香りを変えてみるのもいいですね。初めての人でも上手に作ることができるためにプレゼントするために作る人も多いです。良い香りがして、見た目もオシャレで可愛らしい天然素材100%で作ったハーブのキャンドル・アロマワックスバーをもらえたら、とっても嬉しいですね。

人気の通信教育はこちら

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る