口臭予防に効くハーブキャラウェイ クマザサ アーティチョーク

キャラウェイ ハーブ

口臭を消す作用が強いので、食後のアフターティーに「キャラウェイ」

独特の香りのあるキャラウェイの種は、キャベツを酢漬けにするドイツの伝統的な料理「ザワークラフト」には欠かせないスパイスです。石器時代から料理に使われてきたといわれ、人類とともに歩んできたスパイスといっても過言ではないでしょう。お菓子やチーズ、リキュールなどの香り付けにもよく使われます。

香りに甘みがあってくせのないキャラウェイのお茶には、消化を促進して腸内のガスを減らす効果があります、食欲増進の効果もあるので、お腹が張って食欲がないというときなどはぜひこのお茶を飲んでみてください。口臭予防の効果もあるので、強い香辛料の料理などを食べた後に、キャラウェイのお茶を飲めば、食後の口の中もサッパリします。煎じ茶は咳や痰を抑える効果があるので、風邪薬としても昔から使われてきました。さらに、母乳の出をよくするといわれ、妊婦さんに愛用されてきたことでもよく知られています。

酸性をアルカリ性にして口臭を抑える「クマザサ」

クマザサは、北海道と沖縄を除く各地の山や野に自生する大型の笹の一種です。葉のフチが灰色にくまどられることからついた名前で、その姿が美しいと、よく日本庭園に配置されるのを目にします。笹は昔から神聖なものとして神話にもたびたび登場します。今でも地鎮祭など神事を行う時には、四隅に笹を立てて、結界をつくり土地を清めたりします。

葉を乾燥させてつくるクマザサのお茶には、すぐれた抗菌、防腐作用があります。笹の葉寿司や笹団子など笹の葉で食品をくるむのはこうした作用を利用した知恵です。抗菌作用が強いので、歯周病や口内炎、口臭など口の中のトラブルも防ぎます。口内炎ができたとき、口臭が気になるときなど、濃い目に入れたクマザサ茶をうがいに使うと効果を発揮します。

肝臓の働きを活発にして解毒作用を促す「アンティチョーク」

アーティチョークはキク科チョウセンアザミ属の野菜で、イタリア料理などではおなじみです。古くはギリシャ・ローマ時代から薬用ハーブとして用いられてきました。葉に含まれる「シナリン」という成分が多く含まれています。この成分は特に肝機能を高めたり、血中コレステロールを下げたりする働きがあります。そのため、ベトナムではお酒を飲んだ後に二日酔いを予防するためにこのアンティチョークティーを飲む習慣があります。

消化器官の働きを向上させ食欲不振を改善する効果もあります。特に神経症の食欲不振には効果があるといわれています。抗菌作用が強いため、アンティチョークのお茶を使ってうがいをすれば、口臭予防にも効果があります。

人気の通信教育はこちら

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る