ハーブラベンダーの効能

ハーブラベンダーの効能

ハーブの中でも、「ラベンダー」の効能や料理、活用法などをご紹介します。

1. ラベンダーとは?

ラベンダーは、「香りの庭の女王」というニックネームが付けられています。花は、小さくても甘い芳香を放ち、大きな存在感を出します。古代ギリシャの人々は、お風呂のバスタブがラベンダーの紫色に染まるほどラベンダーの花を浮かべて入浴していました。これは、清潔感を保つとともに、傷を癒すのに役立てていたと考えられています。そのようにして優雅なひと時を過ごしていたそうです。また、イギリスでは意識を失っている女性にラベンダーの香りを嗅がせることにより息を吹き返す「魔法の香り」として重宝されていたそうです。イタリアでは、ラベンダーが咲く季節になると、その花の茂みに洗濯物を広げることで、香りを染みこませながら乾燥させる習慣があります。アロマテラピーという言葉は、フランスの科学者であるガットフォセが事故で火傷を負った際に、ラベンダーの精油を用いて回復したことが由来とされています。このような植物療法をアロマテラピーと名付けたのが始まりです。

2. ラベンダーの「効能」と「活用法」

・「ラベンダーの効能」

ラベンダーの効能は、アロマテラピーで最も広く使用されており、痛みを和らげる特性や鎮静効果などがあります。不眠症や風邪などの感染症、頭痛やめまい、ガス溜まりを抑えたりなど万能の効果があります。

・「ラベンダーの活用法」

ラベンダーには、目の疲れを解消する活用法があります。極楽塩にラベンダーのドライハーブを混ぜて、布袋に入れます。アイピローを作り、仕事の休憩時や就寝時に使用することで、効果に期待できます。このようにすることで、目の疲れや安眠につながります。

3. ラベンダーの「料理」と「美容効果」

・「ラベンダーの料理」

最近では、ラベンダーのフレーバーを用いたアイスクリームやローズウォーターでペースト状にした砂糖菓子などがあります。ラベンダーの風味を口いっぱいに楽しむことができます。

・「ラベンダーの美容効果」

ラベンダー油は、化粧品成分のエモリエント成分として皮膚に柔軟性や弾力、うるおいを与えるとされています。アロマテラピーでは、新しい細胞の成長を促し、皮脂の分泌のバランスがをとる効果があるとされています。また、ラベンダーのハーブウォーターもデオドランド効果があり美肌水として人気です。このハーブウォーターは、夏の日焼けのアフターケアなどにも効果的です。

人気の通信教育はこちら

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る