ハーブティーと紅茶は同じもの?違うもの?

紅茶

ハーブティーを始めようとお店に行った時に、紅茶も売られていることがあります。紅茶にハーブがブレンドしたものも見かけます。どちらも植物からできている外国発祥のお茶ですが、同じものなのでしょうか、それとも違うものでしょうか。

 

■ハーブティーとは

ハーブティーは、自然が生み出した香りのある植物(ハーブ)の花や葉、茎、種、根などを使った飲み物です。ハーブは人間にとって有効な成分を数多く含んでおり、昔から料理の風味づけや腐敗防止、薬として使われています。ハーブティーは健康飲料として世界で愛飲されています。またほとんどがノンカフェインです。

 

ハーブティーは乾燥したドライハーブを熱湯で淹れて成分を抽出し、一日2~3回飲むのが基本です。生の摘んだばかりのフレッシュハーブを使うこともあります。ハーブの種類によっては、妊娠中や薬の服用をしている場合は飲めないことがあります。ハーブティーには淹れたときの香りを嗅ぐことによって香りの成分が鼻から脳へ伝わるアロマテラピーの効果と、フラボノイドやビタミン、ミネラルなどの水溶性成分が体内に入ることによる薬理効果が期待できます。

 

■紅茶とは

チャノキ(Camellia sinensis)から摘み取られた茶葉と芽を乾燥させて発酵させて作るお茶の一種です。収穫した茶葉を広げ、寝かせてやわらかくさせ、揉んでさらに寝かせ茶葉が褐色に変化したら乾燥させます。茶葉が褐色に変更する過程を発酵といい、紅茶の発酵は茶葉の酸化酵素によるものです。食事時や起床時、休憩の時に飲まれています。産地によってアッサム、ダージリン、ニルギリなどの種類があり風味が変わります。

 

シングルティーから味わうことができない味や風味を楽しむために複数の紅茶をブレンドしたものをブレンドティーといい、異なる産地の茶葉をブレンドしたり、違う日に収穫された茶葉をブレンドしたりします。また、香料などで紅茶に香りづけしたり、ハーブなどをブレンドしたりしたものは、フレーバーティーといいます。

 

紅茶にはリーフグレードと呼ばれる等級があります。これは味に対するものではなく、紅茶の葉の仕上げの形で分類したものです。リーフグレードの名称にはオレンジペコ、ペコ、ブロークンなどがあります。

 

また、収穫された時期によっても分類され、ファーストフラッシュ、セカンドフラッシュ、オータムナルなどがあります。ファーストフラッシュのうち特に早い時期に収穫されたものはアーリーファーストフラッシュと呼ばれ人気があります。

 

■まとめ

ハーブティーには、さまざまな植物の種類がありますが、紅茶はチャノキ(Camellia sinensis)一種類です(※変種はあります)。ハーブティーは一部を除きカフェインを含まず、植物毎に様々な有効成分がありその薬効を目的に飲まれています。紅茶にはカフェインが含まれており、食事や休憩の時に飲まれます。

 

ハーブティーは乾燥させてドライハーブや生の状態で作られますが、紅茶は収穫後発酵させて作ります。またハーブティーには植物ごとの区別がありますが、紅茶には生産地や仕上げの茶葉の形状、収穫時期によって区別があります。

 

ハーブをブレンドした紅茶「フレーバーティー」は紅茶に分類されます。ハーブが飲みづらいと感じている人には、紅茶をブレンドしたフレーバーティーは人気です。ローズやカモマイル、ラベンダーをブレンドすると、一味違う紅茶を楽しむことができます。

人気の通信教育はこちら

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る