ハーブティーで花粉症の季節を乗り切る!

花粉の多い季節に花粉症で苦しんでいる人が増えています。現在は日本人の4人に一人が花粉症で、原因になる花粉は約60種類もあります。複数の花粉にアレルギーがある人も増えています。花粉症対策に、ハーブティーが想像以上に効果的です。

 

■花粉症とは

植物の花粉によってくしゃみや鼻水、目が充血したり涙が出たり、身体がかゆくなったりする症状をいいます。花粉症で最も代表的な植物は2~4月のスギ花粉ですが、それ以外にも、ヒノキ(3~5月)、カモガヤ(4~7月)、ブタクサ(8~10月)などが有名です。花粉症は春の季節だけのものと思われがちですが、すべてにアレルギーが出てしまったら、ほぼ一年中花粉症の症状に悩まされることになります。

 

花粉症の症状が出る原因は、人間の身体に備わっている防御機構によるものです。花粉が入ってきて、体内から花粉を排除しようとすると、人間の身体は花粉に対する抗体ができます。「花粉症は異物」と覚えてしまうと、次に入ってきたときに身体が反応してヒスタミンなどの物質を分泌し、全力で体外に排出しようとします。それが、くしゃみや鼻水や涙などの花粉症の症状です。

 

花粉症が発症する確率は、花粉を吸ってきた量と比例するといわれています。今花粉症でなくても、将来花粉症にならないということではなく、突然発症する可能性もあります。

 

■花粉症におすすめのハーブティー

ハーブで花粉症を改善するには、根本的なアレルギー体質を改善するケアと、花粉症の症状をやわらげるケアの二種類があり、どちらかまたは併用するという方法が一般的です。

 

・根本的なアレルギーを改善するハーブ…ネトル

ドイツでは春の季節に、体質改善の目的で積極的に摂取する「春季療法」が昔から続けられています。ネトルはビタミンやミネラル、鉄、カルシウム、葉酸などを豊富に含み、毒素を排出する作用がありデトックスにも効果的です。

 

・症状をやわらげるハーブ…エルダーフラワー

エルダーフラワーは、抗レルギー作用がありくしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状をやわらげるため、花粉症の症状によく用いられます。

 

花粉症の季節が始まる前にはネトルを重点的に、花粉症の季節になったらネトルとエルダーフラワーをブレンドしたハーブティーを飲むようにするといいでしょう。ネトルを多く摂るために、パウダー状にして料理に入れる方法もおすすめです。鼻づまりがひどい場合は、ペパーミントを洗面器に入れて熱湯を注ぎ、頭にタオルをかぶって積極的に蒸気を吸い込む「吸入法」が、即効性があります。

 

花粉症用のお薬は、妊娠中は飲めないこともあります。また、薬に身体が慣れてきてしまって効きにくくなることもあります。花粉症用のハーブなら刺激が少なく、妊娠中も大丈夫です。ハーブには有効成分以外のたくさんの成分が入っているため、薬に比べて身体が慣れてしまって効きにくいということはありません。

 

ただし、身体におだやかに働きかけますので、特に体質改善が目的の場合には、すぐに効果が出るとは限りません。気が付いたら、花粉の季節に普通に過ごすことができていた、花粉症の季節を忘れていたという感じで身体にゆっくりと働きかけます。3ヶ月を目安に、気長にハーブとお付き合いすることが、効果を出す秘訣です。

人気の通信教育はこちら

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る