ハーブティーで胃腸の不調を緩和させる方法

ハーブティー

ハーブは人の生活に役立つ植物の総称で、日本では「薬草」「香草」といわれ、料理などの日常生活のさまざまなシーンで活用されています。ハーブに含まれている有効成分は健康のために使うことができます。その中でも、万能ハーブといわれるのが、ジャーマンカモミールです。ジャーマンカモミールは、胃腸の不調に効果的です。

 

■ジャーマンカモミールとは

・ジャーマンカモミール 学名:Matricaria chamomilla またはMatricaria recutita 科名:キク科 部位:花部 和名:カミツレ

 

ジャーマンカモミールは、世界で最も親しまれているハーブです。心身を鎮静させる働きがあり、リラックスさせるとともに炎症をおさえます。また、痙攣性の痛みを緩和してくれる働きもあり、ストレス性の不眠や胃炎や胃潰瘍などの内臓の炎症、月経痛などの婦人科系の症状に用いられます。ハーブティーにして飲まれることが多く、牛乳とも相性が良いためミルクティーとして楽しむこともできます。

 

リラックスを目的に飲んだ場合には、飲用後10分で副交感神経が優位になりリラックスすることができ、30分ほど持続します。継続したい場合は、こまめに飲みます。

 

ハーブティーは通常、胃への負担を軽くするため食後にゆっくりと楽しむのが基本です。しかし胃腸の不調を緩和するためにジャーマンカモミールを飲む場合には、炎症のある部分に直接作用させるために食間や寝る前など、空腹時に飲みます。

 

■ハーブティーを効果的に飲むには

ハーブティーに含まれている成分であるビタミンやミネラル、フラボノイドなどは水溶性で、飲んだ4~5時間後にはほとんどが尿と一緒に排出されてしまいます。成分が体内にある時間が長いほうが、効果を実感することができます。そのためには、一気飲みするのではなく、少しずつ飲むとよいでしょう。タンブラーに入れてこまめに飲む方法が、ハーブティーも冷めず外出先でも飲むことができて便利です。

 

ハーブティーは食品ですが、妊娠中や授乳中、疾患のあるかた、服薬中のかたは避けたほうがいいものや、長期間飲用しないほうがよいハーブもあります。また、アレルギーがある場合は、その植物が何科の植物であるかを確認してください。ジャーマンカモミールはキク科のため、キク科アレルギーの人が飲むとアレルギー症状を起こすことがあります。

 

■ペパーミントとブレンドすると効果アップ

胃腸の不調を緩和するためにジャーマンカモミールのハーブティーを飲むときに、ペパーミントをブレンドすると効果が上がります。ペパーミントには消化器の機能を調整してくれる働きがあり、スッキリした香りと味で食欲不振や消化不良、吐き気などの不快な症状を鎮めてくれます。また、ストレスが原因の下痢や便秘、過敏性腸症候群などにも適しています。

 

胃腸の調子が悪くて胃薬が手放せない、そんなかたにも、ハーブは効果的です。薬のように強い即効性はありませんが、飲み続けているうちに気が付いたら不調が消えていた…というケースが多いのがハーブをハーブティーで使った時の特徴です。ハーブをスプーンですくった時の感覚や、味や香りや、お湯を注いだ時の音、お湯がハーブで色づいていく様子など、ハーブティーは五感で楽しむことができるのが特徴です。たくさんのハーブがありますので、体調や好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る