ハーブでアレルギー?!主なアレルギー症状は?アレルギーを緩和するハーブもある?

ハーブでアレルギー?!主なアレルギー症状は?アレルギーを緩和するハーブもある?

香りもよく、料理にも風味づけとして使われることの多いハーブですが、その使い方を誤ると稀にアレルギー症状を引き起こすことがあります。アレルギー症状は稀にしか発症しないとはいえ、重篤な症状を引き起こす場合もあります。今回はそんなハーブのアレルギー症状についてご紹介します。

ハーブに考えられるアレルギー症状

アレルギー症状を引き起こすハーブとして最も有名なのはキク科のハーブが挙げられます。キク科のハーブといえば、カモミール、エキナセア、カレンデュラといったハーブが挙げられます。主に秋にブタクサなどの花粉症の症状が出る人にとってはキク科のハーブを摂取することでアレルギーが悪化する可能性があります。

花粉症程度の症状ならまだマシなのですが、稀に発疹や喘息、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性がありますので、秋の花粉症に悩んでいる人はキク科のハーブには十分注意してください。重い症状になると嘔吐や胃痛、下痢や口の乾きなどの症状が表れます。またシナモンなど、過剰摂取すると肝障害を引き起こすものもあります。

薬との飲み合わせにも注意

薬の服用や持病がある人もハーブの取り扱いに注意しなければなりません。代表例として鬱や沈んだ気持ちに効果があるとされる「セントジョーンズウォート」というハーブは抗うつ薬や鎮痛剤、抗てんかん剤など様々な薬と相性が悪いと言われています。またリコリス(甘草)のように高血圧や糖尿病の人は控える必要のあるハーブもあります。

処方されている薬や持病がある場合には、お医者様の指示を仰ぎましょう。持病や症状との相性だけでなく、アレルギー症状がどのように出るか不安な人は前もってアレルギー検査を受けることをおすすめします。後々、重篤な症状が出てしまっては遅いです。ハーブのアレルギー症状は稀とは言われていますが、調べておいて損はないでしょう。

アレルギーを緩和するハーブも?

ただし、使い方によっては自身のアレルギー症状を緩和してくれるハーブもあります。

・ペパーミント

爽やかな香りが特徴的なハーブの代表です。スギ花粉による花粘膜の腫れに効きます。ペパーミントの香りはフレッシュな葉から発せられるので、新鮮な葉っぱをちぎって紅茶に浮かべたりすると香りを存分に楽しむことができますよ。

・エルダーフラワー

花の蜜のような甘い味のするハーブです。エルダーフラワーのシロップは柔らかな甘みがあるので、炭酸水などで割ると非常に飲みやすいですよ。インフルエンザの特効薬とも呼ばれています。粘液を浄化してくれる作用があるため、呼吸器の粘膜を綺麗にしてくれます。

・ルイボス

アレルギー(湿疹)やアトピーへの効能があると言われています。最近ではルイボスティーが清涼飲料水として一般的に販売されていますね。

ここに挙げたハーブ以外にもそれぞれ効能はありますので、ハーブを取り扱っているお店で効能を聞いてから選ぶのもいいかもしれません。

症状や病気のある人は注意して楽しもう

持病や薬との相性、過剰に摂取することで体に悪影響を及ぼすこともあるハーブですが、使い方にさえ注意すれば決して危ないものではありません。ただどのような食品に関してもそうですが、体に異常が起きたらすぐに使用をやめ、医療機関へ相談するようにしましょう。

ハーブ資格取得検定講座

ハーブについて

ハーブ資格取得検定講座
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ