美容にも健康にも!発酵食品でおこなう菌活とは?

美容にも健康にも!発酵食品でおこなう菌活とは?

最近ブームになっている菌活。身体のことを考えて食事に工夫している人の中には、すでに取り入れているという方も少なくないかもしれません。身体に様々なメリットのあるという菌活とはどのようなものなのでしょうか。また、具体的にはどのような点に注意して行えばよいのでしょうか。

菌活とは?

健康にいいというイメージの「菌活」。そもそも菌活とはどのようなものなのでしょうか。

菌を体に取り入れる美容・健康法

菌活とは、簡単に言えば身体によい菌を取り入れるという美容・健康法のことです。菌というと、身体に害を与えるものや食物を悪くするものといったイメージを抱いている方も多いかもしれませんが、実は菌には様々な種類があり、その中には人間の身体に有益なものや、健康に欠かせないものも含まれています。

これらの有益な菌を選んで適度に取り入れることで、美容や健康の実現を目指すというのが菌活と呼ばれているものです。

腸内環境を整えることが主な目的

菌活は主として腸内環境を整えることを目的に行われます。

腸内には無数の細菌が生息していますが、この中には人間の身体に有益な善玉菌、身体に害を与える悪玉菌、状況によって善玉菌にも悪玉菌にもなる日和見菌が含まれています。

日和見菌は善玉菌が増えると善玉菌に、悪玉菌が増えると悪玉菌になるため、常に善玉菌が優位な状態に腸内環境を保つことは非常に重要。

もし悪玉菌が増加すると、腸は上手く老廃物や水分を排出できなくなり、身体の中に悪いものが蓄積、またそれらの老廃物の影響できちんと栄養を吸収できないためさらにたくさん物を食べようと食欲が増加してしまい、体重の増加にもつながってしまいます。

さらに腸は免疫機能に大きな影響を与えるため、腸内環境が悪化すると風邪などを引きやすくなり、さらに不調が長引いてしまうことも。

これらを避けるためには、体内に善玉菌を取り入れ腸内環境を良好にすることが不可欠です。

そのため、腸内環境にプラスになる菌を取り入れる菌活が必要になります。

きのこや発酵食品を摂取しておこなう

菌活で重要になる食材がきのこ。きのこは野菜だと考えられがちですが、実は菌類の一種。きのこには様々な栄養素が含まれていますが、その中には肌の調子を整え、摂取したカロリーを効率よくエネルギーに変えるために必要なビタミンB群も豊富。さらにきのこは食物繊維が豊富。食物繊維は腸の中に入ると善玉菌のエサとなり、老廃物や水分などの排出にも役立ちます。

また、身体によい菌を取り入れるときには発酵食品を利用するという方法もあります。

発酵食品は細菌などの微生物の働きによって生まれる伝統食品ですが、この発酵食品には非常に豊富な菌類が含まれています。この菌類も人間の健康や美容の維持に役立ちます。

6つの菌

菌活は食事などを通じて身体によい菌を取り入れる健康法。菌活には大きく分けて6種類の菌が使われています。

乳酸菌

ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌は、糖を分解して乳酸を発生させます。この乳酸菌は腸内に入ると善玉菌として活動、悪玉菌の活動を抑えて、全身の免疫力のアップに効果が期待できます。

また、最近の研究では、アレルギー症状の予防や緩和といった効果もあると考えられています。

酵母菌

酵母菌はワインやビール、お酒などのアルコールやパンといった食材、味噌や醤油などの発酵に欠かせない菌です。酵母菌は糖分をアルコールや炭酸ガスに分解する作用がありますが、腸内では乳酸菌と同様、善玉菌として働いてくれます。さらに酵母菌には、カロリーの吸収を抑える効果があるとも言われているため、ダイエットの目的で摂取しても効果的です。

麹菌

麹菌は日本でしか生育しないと言われている「コウジカビ」と呼ばれるカビの一種です。日本固有の菌類で、でんぷんをブドウ糖に、たんぱく質をアミノ酸に分解、うま味や甘味などを生み出すことができるため、多くの伝統的な発酵食品の製造に使われている菌です。

この麹菌には三十種類を超える酵素が含まれていると言われ、美白やアンチエイジングにも効果的です。さらに麹菌は甘酒などにも使われていますが、必須アミノ酸やビタミンB群を豊富に含んでいるため、「飲む点滴」と呼ばれるほどの健康効果を持っています。

酢酸菌

酢酸菌はアルコールを分解して酢酸を作りだす働きを持った菌です。酢酸菌はクエン酸を豊富に含んでいますが、このクエン酸は疲労回復や血糖値の抑制、血中コレステロールの減少などに役立ちます。また酢酸菌は腸内バランスを整えたり、便秘の解消などにも効果があると言われています。

納豆菌

発酵食品の代表的な存在といえば納豆。この納豆を作るために必要なのが納豆菌です。納豆菌はもともとは麦わらなどに付着している菌で、この納豆菌がついた麦わらで大豆を包むことで納豆が誕生しました。

納豆菌は大豆を発酵させるときに「ナットウキナーゼ」という成分を生み出しますが、このナットウキナーゼは血液をさらさらにする効果だけでなく、腸内の乳酸菌を増やして腸内環境を整える働きがあります。

また、納豆自体にも食物繊維が非常に豊富に含まれているため、腸内環境を整えるために最適です。

酪酸菌

酪酸菌は糖を分解して酪酸を作りだす菌です。酪酸菌はぬか漬けなどに含まれていますが、体内に入ると乳酸菌の働きをサポート、腸内環境を整えるだけでなく、有機酸を生み出すことで消化管の粘膜を保護する役割も担っています。

さらに酪酸菌は脂肪の蓄積を防ぐと言われているため、ダイエットを目的に菌活を行う方には見逃せない存在です。

菌活におすすめの発酵食材

菌活では、様々な種類の菌を取り入れることが重要。菌活に役立つおすすめの発酵食材をご紹介します。

毎日取り入れやすい食材

菌活はできるだけ長い期間、毎日続けることが重要です。

そのため、菌活では食事に取り入れやすい食材がおすすめ。たとえば和食の場合、味噌汁と納豆、ぬか漬け、酢の物という献立の場合、これらすべてに重要な菌が含まれているため、効果的に菌活を行うことができます。

また、味噌汁の具をきのこにしたり、ぬか漬けや納豆とキムチを組み合わせると、飽きの来ないメニューとなるでしょう。

菌活に適した食材

どれだけ効果が高くても、いつも和食だと飽きてしまうという可能性もあります。そんな場合に適した食材がヨーグルトやピクルスといった食材。これらの食材も菌活には効果的。さらに意外なのがワインやビール、日本酒などのアルコール。アルコールには酵母菌が含まれているため、菌活にも役立ちます。ただし、アルコールなので飲みすぎには注意しましょう。

菌活のポイント

健康や美容に役立つため、すぐにでも始めたい菌活ですが、実際に行うためにはいくつか押さえておきたいポイントがあります。

1品食べはしない

どれだけ効果が高い食品であっても、一種類だけの食品で菌活を行うのは辞めたほうがよいでしょう。どんな人でも体質に合う菌、合わない菌があります。そのため、複数の食材から豊富に栄養を摂ることが重要です。

無理なく摂りいれていく

どれだけ身体にいいことであっても、無理をするのは禁物。無理が続くとどうしてもイヤになり、長続きしなくなってしまいます。

食材の中でも、嫌いなものを無理に食べるのではなく、できるだけ食べやすいもの、好きなものを選ぶとよいでしょう。

まとめ

菌活は誰でも気軽に始められる健康法。菌活を行うことは、病気になりにくい健康な身体を作ることができるだけでなく、きれいな肌や太りにくいスリムな身体といったメリットもあります。もしまだ始めていないとい方がいれば、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ