好きを仕事に!発酵食品に関わる仕事や資格について

好きを仕事に!発酵食品に関わる仕事や資格について

健康や美容に役立つ発酵食品。もし発酵に関わる仕事がしたいと思った場合、どのようなものがあるのでしょうか。その場合、資格は役に立つのでしょうか。今回は発酵食品に関わる仕事や資格についてご紹介します。

発酵に関わる仕事

家庭ではおなじみの発酵食品ですが、発酵に関する仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。

発酵食品メーカー

発酵に関する仕事に関わる方法としては、発酵食品メーカーに就職するというのが一般的です。発酵食品を専門にしているメーカーはもちろん、発酵食品に関わっている食品メーカーも増加、飲料や調味料を加えるとかなりの数となるため、チャンスが多いということができるでしょう。

これら発酵食品メーカーの場合、発酵食品の製造だけでなく、販売や企画といった多岐にわたった仕事内容が特徴です。

醸造・発酵技術者

発酵食品に関わる仕事として最初にイメージされるのが、醸造や発酵の技術者でしょう。

醸造や発酵の技術者は、実際の発酵食品づくりの現場に関わることができるというのが大きな魅力です。

発酵食品技術職に必要なこと

発酵は非常に繊細な仕事。そのスペシャリストである発酵食品技術職には様々な知識や技能、資格が必要です。

微生物に関するバイオテクノロジーの知識や技術

発酵食品の技術職になるためには、なによりも微生物に関するバイオテクノロジーの知識が求められます。

発酵は微生物の働きによって食品が別のものに作り替えられるということ。そのため、菌やウイルスなどの微生物に関する高い知識や技術は技術職にとって必須の条件だと言えるでしょう。

有利な資格

発酵食品の技術職として働くためには、持っていると有利な資格もあります。

たとえば「バイオ技術者認定試験」。バイオ技術者認定試験は日本バイオ技術教育学会が認定する資格試験ですが、日本では数少ないバイオテクノロジーに関する資格として知られています。

バイオ技術者認定試験は農業高校などの学生に向けた初級から、高度な技術者に向けた上級まで三つのランクがありますが、これらの資格を取得しているだけでも就職に有利に働く可能性が高いと言えるでしょう。

その他にも、発酵食品に関する工場などで働く場合には「ボイラー取扱者」や「危険物取扱者」、「特定化学物質等作業主任者」「毒物劇物取扱責任者」、「有機溶剤作業主任者」「食品衛生責任者」といった資格を取得しておくと有利に働くことが多いようです。

また、専門的な知識以外にも、パソコンの知識や電気関係、機械関係の知識も実際の仕事には役立ちます。

醸造技術者になるには?

発酵食品づくりの花形と言えるのが「醸造技術者」です。もし醸造技術者になりたいと思ったときには、どのような方法があるのでしょうか。

高校卒業→専門学校または大学→メーカーまたは研究機関に就職が一般的

醸造技術者は高い技能と知識を持った仕事です。そのため、高校を卒業後は専門的な知識を学べる専門学校か、大学の専門学部などに進学するのが一般的です。大学の場合には、バイオテクノロジーや醸造技術といった学部・学科を選択するとよいでしょう。

その後、酒造メーカーや食品メーカー、研究機関といった職場で技術者として就職するのが一般的です。

その他にも、酒造りを専門にしたいという場合には、酒蔵に就職するという方法もあります。これらの酒蔵は大小様々な規模があるため、専門学校や大学を卒業していない、今からではそういった学校に通うのが難しいという場合、ネットなどで経験不問の酒蔵を探して就職するという方法もあります。

発酵に関わる資格

専門的な仕事をするまでとはいかなくても、発酵食品について詳しくなりたいと考えている方も多いはず。そういった場合、発酵に関する資格取得を通じて知識を身につけることも可能です。

発酵食健康アドバイザー

発酵食健康アドバイザーは日本インストラクター技術協会が認定を行う資格で、発酵食品や、発酵食品を使ったレシピなどについての知識を持った人に対して与えられます。

発酵食健康アドバイザーは発酵食品ができる過程や、発酵食品に欠かせない微生物や菌の働き、美容や健康への効果。菌による発酵の違いや菌の特徴といった、発酵全般についての知識も求められます。

そのほか、発酵食品のレシピや健康効果をアップさせる食べ合わせ、自家製発酵食品の作り方など、実践的な知識が身に付くという特徴もあります。

資格取得後は、発酵食品の専門家としてアドバイスを行ったり、講師活動ができたりといった可能性も広がります。

発酵食健康アドバイザーはインターネットからの申し込みで在宅受験もできるので、まず資格取得を目指したいという方におすすめです。

発酵食品マイスター

「発酵食品マイスター」は日本安全食料料理協会の認定資格です。

発酵食品マイスターは発酵と腐敗の違い、麹と菌の働き、発酵食品と調味料に関する知識など、発酵食品についての様々な知識が求められます。

資格を取得すると、生活に発酵食品を取り入れることができるほかにも、健康や美容、食育、飲食といった仕事に役立てることも可能です。

発酵食品マイスターの資格もインターネットからの申し込みと在宅受験が可能なので、比較的取り組みやすい資格と言えるでしょう。

発酵プロフェッショナル

「発酵プロフェッショナル」は、日本発酵文化協会が認定する「発酵マイスター」を取得することで受験が可能になります。

発酵マイスターは、日本発酵文化協会の行う発酵実習教室ベーシック講座、発酵マイスター養成講座を受講したあと、課題を提出、さらに試験に合格することが必要です。

講座では座学も含めて、発酵調味料を作る実習や発酵食を体験してみる授業などもあるため、より実践的な発酵の知識を身につけたいという方に向いています。

その上位資格である発酵プロフェッショナルの試験は筆記試験の一次、面接・論文の二次という二つの試験に合格することが必要ですが、合格した後はさらに面接・試験に合格することで認定講師制度、または加盟店や認定校制度に加入することができます。認定講師制度に加入すると、協会の認定講師として教室の開催が可能になり、加盟店や認定校制度に加入した場合には協会認定の看板の授与や教会ホームページなどで紹介されるといった特典があるため、発酵の知識を仕事に活かしたいという方に向いた資格といえそうです。

醸しにすと

「醸しにすと」は、一般社団法人ホールフード協会が認定を行っている資格です。この資格は通信講座を受講することで取得ができる資格で、日本や世界の発酵食品に関する知識や、発酵食品の選び方、発酵食品を活かした目的別のレシピなどを学ぶことができます。資格の取得に必要な期間は四か月程度と比較的ハードルが低いため、発酵食品に関する資格を取得したい、発酵食品について詳しく勉強してみたいと考えている方にはおすすめです。なお、「醸しにすと」には上級の資格である「醸しにすと極」(発酵食スペシャリスト極)というものもあります。この資格は二日間のライブ講座を受講、認定試験に合格することで資格取得が可能です。もし「醸しにすと」を受講してさらにキャリアアップしたいという方にも最適だと言えるでしょう。

まとめ

発酵食品は非常に奥の深い世界です。もっとくわしく発酵食品を知りたいという方は、ぜひ思い切ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ