魔除けにしたい樹木 ナンテン編

ナンテン ガーデニング

庭に樹木を植える際、何を基準に木を選んでいますか?花、芳香、紅葉、常緑や落葉性、高木や低木などなど、樹木を選択する際の基準はたくさん存在します。様々な基準が存在する中で、縁起の良い木や魔除けに向いている木に関心を寄せている人は意外と多く存在します。

今回は、数多くある樹木の中から、魔除けに適していると言われるナンテンをご紹介します。

日本では古くから鬼門、すなわち北東の方角を忌み嫌う風習があります。魔除け向きの樹木をわざわざ鬼門の方角に植える人もいます。しかし、現在の日本の住宅事情を考えると、希望の方角に必ずしも樹木を植えることができるとは限りません。隣家があったり、全く日が当たらなかったり、その家ごとに様々な事情が存在します。

それでもやはり、魔除け向きの樹木があると知ってしまうと、一本ぐらいは植えたいと思ってしまうものです。方角ばかりにとらわれずに、生垣や鉢植えなど、家の事情に合わせて上手に活用してはいかがでしょうか。

~ナンテンが好まれるワケ~

ナンテン(南天)は、その読み方から「難を転じる」樹木として、魔除けに広く利用されています。魔除けの樹木としてとても有名です。

地域によっては、結婚のお祝いの品々を近所におすそ分けする際、必ずナンテンの枝を添えるという風習が残っているところもあり、魔除け、もしくは縁起物として扱われることが多いようです。また、水まわりを不浄の場ととらえ、トイレやキッチンのある場所にナンテンの木を植えるという人もいます。

しかし、ナンテンの良さは魔除けとしての役割だけではありません。赤い実の可愛らしさや紅葉の美しさも楽しめる素晴らしい木です。また、ナンテンの品種の中に「お多福ナンテン」というものがあり、実はなりませんが人目を惹く紅葉の美しさがありますので、こちらもお勧めです。

~南天の育て方~

非常に育てやすい植物です。さし木でも簡単に増やすことができ、種からも簡単に育てることができます。植える場所は、日光が多く当たる場所の方が望ましいですが、半日陰でも十分に育ちます。

梅雨の時期に小さな白い花を咲かせ、秋以降その花が赤い実となります。実の赤さがとても目立つため、植える環境によってはあっという間に鳥についばまれてしまいます。実がなったと思ったら、次の日には全て食べられてしまったということもよくあります。しかし、たとえ実の観賞ができなかったとしても、その後の紅葉は一見の価値があります。

地植えの場合、水やりはほとんど必要ありません。夏場に雨が全く降らない日が長く続く場合を除けば、降雨だけで十分です。鉢植えの場合には、土の表面が乾いたらたっぷりとやってください。

 
魔除け用として植栽をする人も多くいるナンテンですが、植物そのものにも素晴らしい点がたくさんあります。これから庭作りを始める人などは、是非候補の一つとしてご検討ください。

 

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る