緑のカーテンは良いことだらけ

緑のカーテン ガーデニング 園芸

夏が近づくと、あちらこちらで「緑のカーテン」という言葉を耳にしたり、目にしたりします。冷房に頼らないから電気代が安く済むとか、簡単にできるとか、何だか良いことだらけのような気がしますが、本当にそうなのでしょうか?

一度でも緑のカーテンを試したことがある人は、良い点、悪い点色々と知っていると思いますが、今年初めて挑戦しようと考えている人は、ひとまずご一読下さい。

【緑のカーテンは安い?】

まず、理解すべきは、緑のカーテンはタダではできないという点です。特に、これまで園芸を全くしたことのない人は、一から準備をしなくてはいけません。プランターや土、支柱やネット、そして苗も購入する必要があります。緑のカーテン=電気代も安く済む=お財布にも優しい、とはならない可能性もありますので注意が必要です。

太陽光を少しでも遮り、室内の温度を下げたいということであれば、すだれやよしずを利用する方が費用面では安く済むかもしれません。ご自身の目的と総コストを考えた上で選択すると良いでしょう。

【緑のカーテンは簡単に作れる?】

次に、緑のカーテンを作るには、手間暇がかかります。植物を植えるのですから、土作りから苗の定植、支柱立てやネット張り、日々の水遣り、手入れなどなど、結構やることはあります。時期が終われば、後片付けも必要です。植えっぱなしで良い、というわけにはいきませんから、面倒くさがり屋の人にはあまり向きません。

また、戸建てに住んでいる人と、マンションに住んでいる人では、注意しなければいけない点が異なります。一概には言えませんが、準備や片付けなどは戸建て住まいの人の方が楽かもしれません。

マンションのバルコニーで緑のカーテンを作る際には、場所選びに注意を要します。通常、バルコニーは有事の際に避難経路となりますから、避難を妨げるような場所にプランターを置いたり、ネットを張ったりすることはできません。

さらに、台風や強風の際に、物が飛ばされることのないよう、しっかりと固定する必要があります。特に高層階になればなるほど風は強くなりますので、万全の対策が必要となります。

また、土や葉で排水溝を詰まらせてしまったり、ツルを上階やお隣のバルコニーまで伸ばしすぎてしまったりすると、他の住民の迷惑になりますので、常日頃から整理整頓しておく必要があります。

こんな風に注意点を羅列すると、まるで緑のカーテンがとても面倒なように思えてしまうかもしれませんが、普段から花や野菜を育てている人にとっては、当たり前なことばかりです。しかし、これからチャレンジしようと思う人は、これらのことも頭の片隅に入れておくと良いでしょう。

 

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る