球根植物と育て方と剪定について

球根植物の栽培

球根植物は、咲く期間は短いですが華やかで目立つ花を咲かせるものが多いです。

その中でも、チューリップ、ムスカリ、ヒヤシンスは欠かせません。

球根植物は植えることで、ほとんど手間がかかりません。

ガーデニング初心者でも失敗することなく、確実に咲かせることができます。

1. 球根植物の選び方と植え方

球根植物の良い状態のものを選ぶには、出始めの早い時期に買い入れます。

9月初旬に店頭に並び始めます。

大きくて傷が少なく皮がはがれないものにしましょう。

植え付ける時期は、気温が15度前後になる10〜12月ごろです。

寒冷地では、9月下旬ごろに植え付けましょう。

秋植え球根は、冬の寒さを経験してはじめて良い花を咲かせます。

植え方は、コンテナ類は深めなものにしましょう。

特にユリ類は、深く植えなければ育ちません。30〜50センチ程度のコンテナに、

20〜30センチの深さに植えます。

他の球根は、浅く植えると乾燥しやすいです。

コンテナに植える場合は、

土の深さが限られているので球根が隠れるくらいに植えます。

球根の下に根が張るスペースを確保してください。

2. 植物の育て方

置き場所は、コスモスなどの春まきのものは、風通しの良い屋外で育てます。

パンジーなどの秋まきのものは、寒さに強いです。

冬でも屋外に出して日光に十分当てましょう。

水やりは、土の表面が乾いてきたら、

鉢底から流れ出すくらいたっぷりと水をやります。

プランターの場合は、

根腐れしないように排水口から溜まった水を捨てるようにします。

花には水をかけないのがポイントです。

植え付けは、鉢やプランターはみずはけが良いため、

有機物を含んだ用土に苫土石灰と元肥を混ぜ込みます。

総合栄養素が配合された園芸用土、または、植物用ならそのまま使用できます。

花壇の場合は、日当たり、水はけの良い場所を選び深く掘り起こします。

腐葉土と苫土石灰を混ぜて浅植えします。

3. 剪定について

植木の剪定は、3月初め頃から始めます。

不要な枝をそのまま放っておくと通風や日照を妨げてしまいます。

これにより、樹木の生育に悪い影響を与えてしまいます。

不要な枝というのは、下に向かって伸びている逆枝、立ち上がっている立ち枝、

重なったり、絡み合ってる枝、などです。サツキ、ツツジ類は、

花の咲き終わった5、6月ごろに行います。

それ以降の剪定は、新しい花芽を切るため注意が必要になります。

いかがでしたか?

このような育て方と剪定を学ぶことで、

ガーデニング初心者でも美しい花を咲かせることができます。

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る