水耕栽培ってなんだろう

水耕栽培ベランダ農園 ガーデニング

水耕栽培とは、一言で言ってしまうと、土を使わず植物を水で育てる!ということになります。栽培できないものもありますが、野菜、花、観葉植物など様々な種類のものを水で栽培することができます。

小学生の時にヒヤシンスを水栽培したり、カイワレ大根を水栽培して夏の自由研究にしたりと、意識しなくとも子どもの頃から意外と親しんできた栽培法です。最近スーパーで売られている野菜などでも水耕栽培を謳っているものもあります。

先日購入した豆苗のパッケージには、「残った根の部分を水につけておけばもう一度豆苗をお楽しみいただけます」という、家庭での水耕栽培をお勧めする説明書きがついていました。

手軽で簡単に楽しめる水耕栽培。では、実際にどのようなものを育てることが可能で、メリットはどのような点にあるのでしょうか?

~水耕栽培で育てられるもの~

レタスやサラダ菜、水菜やホウレン草など、様々な葉物野菜が育てられます。また、ルッコラなどのベビーリーフ、パセリやバジルなど、ちょっとだけ料理に使いたいハーブなども作れます。そして、最近ではトマトも水耕栽培ができるそうです。

こうした野菜類だけでなく、ヒヤシンスなどの花類やサボテン、観葉植物も育てられます。

~水耕栽培のメリット~

商業目的で水耕栽培を始めるのでなければ、特に大掛かりな装置は必要ありませんので、タネと水と日光があれば始められます。これに液体肥料があればなお良いです。

水耕栽培の一番のメリットは「土が不要」という点ではないでしょうか。家庭菜園から”土”を取り除くと、様々な労力やデメリットから解放されます。まず、土を購入したり、耕したりするという重労働が不要となります。そして、周囲を土で汚すことがありません。

また、土の中から虫が湧いてくることもありませんし、土の中の菌を気にすることもなくなります。ということは、農薬や殺虫剤、殺菌剤が不要となります。さらには、同じ土で同じ野菜や花を作ることによって起こる連作障害も起こらないということになります。

ベランダや庭がなくても手軽に始めることができ、少量から始めるのであれば、それこそペットボトル1本分のスペースがあれば水耕栽培を楽しむことができます。

ただし、”水で育てる”のが水耕栽培となりますので、当たり前ですが水がなくなれば枯れてしまいます。屋外で土に植物を植えて育てている時のように、「水やりを忘れてしまったけど雨のおかげで植物が生き延びた」とか「土中に含まれる水分で何とか持ちこたえた」ということは起こりえませんのでご注意ください。

あなたも、ちょっとしたキッチンの隙間に小さな家庭菜園を作ってみてはいかがですか?

 

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る