寄せ植えとハンギングバスケットについて

寄せ植え ガーデニング

ガーデニングを行う上で大切なのが、どこに植えるかということです。

眺める方向に合わせて色の調和を整えるのがポイントになります。

立体感、色合わせ、色の強弱、高低差の花をうまく配置することで奥行きができます。

真ん中に背の高いものを持ってくることで、

バランスが良くなります。土は、しっかりと殺菌したものを使用してください。

鉢の表面が乾いたら水をやります。天気が良い日の午前中に与えてください。

鉢から花を取り出す際は、縁を軽く叩いて取ってください。

1. 寄せ植えについて

・同系色で花を集めることで、オシャレにまとまります。

花色をテーマカラーに選んで使用することで印象がずいぶん変わってきます。

・濃い赤や紫などの鮮やかな色をたくさん合わせてしまうと、

花同士が喧嘩します。グリーンや白色を間に入れることで、

インパクトの強いイメージが和らぎます。

・ナチュラルな寄せ植えをするなら、垂れ下がる葉や、

伸びる植物を使用するのがポイントです。

・インテリアとして育てられる観葉植物も夏季なら屋外で育てることができます。

2. ハンキングバスケットの「飾り場所」について

ハンキングバスケットは、立体的な花飾りが楽しめます。

狭いスペースなどでも有効に利用できます。

まずは、花を選ぶ前にバスケットを吊るす場所を決めましょう。

ハンキングバスケットには、壁掛けタイプと半球形の吊タイプがあります。

壁掛けタイプは、トレリスや門扉、鉄格子、等に利用することをお勧めします。

吊タイプは、華やかに演出するのにぴったりです。

次に、気をつけたいのが場所にあった大きさ、形、材質のバスケット選びになります。

現在は、多くの種類のハンギングバスケットが売られています。

自分好みのハンギングバスケットを見つけるのも楽しいはずです。

3. ハンギングバスケットの「ボリューム感」について

花のコーディネートでは、苗の組み合わせや選び方にセンスや個性が出ます。

ハンギングバスケットは、草丈が低く、ボリュームが出るもの、しだれる植物、

等を組み合わせることで上手に仕上がります。

ハンギングバスケットは、植え替えが難しいです。

出来上がりのイメージをしっかりと考えて苗を選んでください。

ハンギングバスケットは自然の状態とは違います。

そのため植物にストレスがかかっています。

日頃から意識して手入れをすることが大切です。

手入れは、水やり、花がら摘みが基本です。特に、水やりは、

表面の土が乾いたらたっぷりと水をかけてください。

いかがでしたか?

これらのことを覚えておくことで、よりガーデニングを楽しむことができます。

是非、参考にしてください。

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る