品種もいろいろみずみずしさを味わる採れたての贅沢

ベランダで野菜を育てよう「キュウリ」

夏を代表する野菜といえばなんといってもキュウリではないでしょうか。しっかり冷やして生のまま味噌をつけて食べるもろキュウは夏の風物詩のようなもの。サッパリとしてシャキシャキした歯ごたえは、夏バテで食欲がないときでも美味しくいただけます。それだけに、鮮度がものを言う野菜。ベランダからキッチンに直行するのですから、採れたてのキュウリは格別です。キュウリのみずみずしさの秘密はキュウリ全体の95%が水分という含有量にあります。私たちが普段食べているキュウリは鮮やかな緑色ですが、日本に入ってきた当初は、完熟させて食べていたため「黄瓜(きうり)」と呼ばれ黄色だったそうです。

キュウリは品種の多い野菜です。ベランダ栽培に適しているのがミニやベビーと呼ばれる品種で、スーパーでも姫キュウリなどが売られています。またベビー野菜としては、イボのないキュウリ「フリーダム」を早取りしたものが人気です。フリーダムが多くつくられる理由としては、果実になる雌しべがほかの品種よりもたくさんつくから。そしてキュウリがかかりやすい病気「うどんこ病」などの病気にも強いからです。きゅうりは連作を嫌います。同じ土で栽培すると障害が出やすいので、新しい土、あるいはウリ科野菜を数年栽培していない土を使うようにしましょう。

 

キュウリを育てよう

Step1 種まき

育苗用に直径10.5㎝のポリポットを用意します。定植用には80㎝くらいのプランターを用意してください。ポリポットに育苗用培養土を入れ、1㎝ほどのまき穴を作り、種を3粒まきます。発芽までは乾燥しないように水やりをします。

Step2 発芽・間引き

3日くらいで発芽します。発芽後の水やりは、午前中の早い時間に行います。双葉が開いたら、茎が短くて太いものを残して間引きします。

Step3 定植

間引きを2回したあと、本葉4枚まで育てた苗をプランターに定植させます。定植前に鉢部分を水に浸けて十分に湿らせておきましょう。株間20㎝で4株植えます。

Step4 支柱にはわせる

定植後、約2週間でツルをはわせるためのキュウリ用ネットや支柱を設置します。本葉5枚目までの子ヅルは早めに取り除いておきましょう。花が咲いたら受粉させます。キュウリはひとつの株に雌花と雄花がつきます。がくの下に小さなキュウリがついているのが雌花です。雌花が咲いたら、雄花の花粉を雌しべの先につけて人工授粉します。

Step5 収穫

キュウリの実が10~15㎝ほどの長さになったら収穫の時期です。キュウリはうどんこ病になりやすく、葉の表面に小麦粉をまぶしたように白いカビが広がってしまいます。そんな時は、水で薄めた木酢液で葉をていねいにふいてやりましょう。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ