初心者でも育てやすいハーブ ローズマリー

ローズマリー ガーデニング

スペースに合わせたタイプを選びましょう

すがすがしい香りが特徴のローズマリー。松葉のような形の葉が特徴です。地中海沿岸に野生化する常緑の低木で、鼻にツンとくるような清涼感のある匂いが特徴です。「若返りのハーブ」「記憶力のハーブ」といった異名を持つハーブで、頭が疲れたときやストレスがたまったときにこのハーブの香りをかぐとそれだけで気持ちがリフレッシュします。

性質によって「木立性」「半立ち性」「ほふく性」の3種類があります。香りや使い方は同じで、植えるスペースの広さに合わせて適したタイプを選びましょう。

ローズマリーの育て方のポイント

ローズマリーは、日当たりと水はけのいい場所を好みます。冬は寒風に弱いので、吹きさらしにならない軒下などで冬越えさせるといいでしょう。寒い地域では大きな鉢で育てて、夏は外に鉢ごと埋め、冬は室内か日当りのいい場所に移動すると一年中元気でいられます。

株ごと移植することは苦手なので、植え直すことがないように株の間を60㎝以上と広めにとってあげましょう。

やや乾燥気味に育てるのがポイントです。地植えなら、真夏以外は水やりをしなくても大丈夫。むしろ水の与えすぎには注意してください。

やせた土地でも元気良く育つので、あまり肥料は必要ありません。2~3年経ったら油かすや骨粉を混ぜた肥料をあげるといいでしょう。

誘引して思い通りの形を楽しみましょう

ローズマリーは自然のままにその野趣を楽しむのもいいですが、誘引で仕立てて自在に形を楽しむこともできます。たとえば鉢植えに好きな形のミニトレリスを差し込んで枝をワイヤーで固定すれば、遊び心満点のトピアリーに変身です。

使うローズマリーは「ほふく性」「木立性」どちらでも。枝が古くなるとかたくなってしまうので、新しく柔らかいうちに形をつくるようにしましょう。株全体に日差しが当たるようにしてあげれば、四季咲きの花をより美しく長く楽しむことができます。

最後に

ローズマリーというとお料理によく使われるハーブです。特に肉料理とは相性がよく、特有の香りは臭み消しになります。

またローズマリーの葉や茎は、血行を促進させる効果があるので、お風呂に入れて入浴剤がわりに使っても重宝します。ドライにしても香りが抜けることはないので、ポプリやサシェにしておけば、いつでも香りが楽しめます。車のエアコンの送風口の近くに吊るしておけば、嫌な臭いもなくなります。ローズマリーは、日常生活で出番の多いハーブ。スーパーなどでスパイスとして購入するとけっこうなお値段がするので、ぜひお家で育ててみてください。

 

人気の通信教育はこちら

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る