初心者でも育てやすいハーブ ラベンダー

ハーブのラベンダー ガーデニング

用途の多様さからハーブの女王的存在

ラベンダーといえば北海道の富良野のラベンダー畑を思い出す人も多いのではないでしょうか。ラベンダーは、精油をとるために、数多くの品種が生み出され、花の形や草姿もさまざまです。

つぼみに多く含まれる精油成分の香りは、リラックス効果があり、枕元に置いておくと気持ちが落ち着いて早く眠りにつくことができます。

ラベンダーの育て方のポイント

日当たりと風通しがよく、あまり肥沃でない土を好みます。鉢植えの場合、梅雨の時期は雨のかからない場所に移動するといいでしょう。植え付けは春か秋ですが、種子まきは生育が遅いので、初心者は市販の苗を購入するか、さし木で根付いた苗を植えるようにすると上手に育てられます。

風通しをよくしてあげるため、株もとをやや高くして植えつけてやりましょう。また鉢植えの場合は、鉢底にゴロ土などを入れて水はけをよくしてあげます。

水やりはほとんど不要です。むしろ株を枯らしてしまう原因の多くが水のやり過ぎです。庭植えでは根づいたら水やりを控えて、鉢植えでは土の表面が乾いたら水を上げましょう。

肥料もほとんど不要です。さらに病虫害の心配もなく手間のかからないハーブです。しかし、最大の弱点が湿気による蒸れです。高温多湿の日本では少し居心地が悪いかもしれません。できるだけ排水のいい場所に植えて、込み合った枝は風通しがよくなるようにこまめに剪定してあげましょう。

香りを服にさりげなく移す工夫

ラベンダーは、手で握ったり服がふれると、甘くてさわやかな香りが立ち込めます。比較的草丈があるため、花壇の後ろの方に配置されることが多いのですが、ラベンダーの特質を考えると人が触れやすい通路沿いに植えてあげるのがおススメです。人が通るたびに服にこすれて香りが移るようにすれば、部屋の中に入ってもラベンダーの香りを感じることができます。

最後に

ラベンダーは開花直前が花の香りが最も強いので、その時期にまとめて収穫するといいでしょう。葉を4~6枚残したくらいの位置で摘んで、数本束ねて吊るし、風通しのよい日陰で2週間ほど乾燥させます。枝がパリパリになったら、花の部分だけをとって保存しておきます。ポプリにしたり入浴剤にすれば心身ともにリラックスできます。

アロマポットがあれば、ドライの花ひとつまみと水を入れ、ろうそくの火で温めて蒸気を漂わせるのもアロマ効果がありおススメです。

人気の通信教育はこちら

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る