初心者でも育てやすいハーブ セージ

ハーブのセージ  ガーデニング

健康にも役立つ薬用ハーブです

セージには防腐効果や抗菌力があるため、ソーセージなどの加工食品に使われています。ソーセージの名前もこのセージが由来になっています。さまざまな効能があり、イギリスでは「庭にセージを植えている人は病気知らず」などといわれています。

消化を助け、肝臓の働きを強め、さらに神経を安定させる働きがあり、生葉を入れたお湯を冷まして作ったうがい薬は、のどの痛みを鎮めて口臭予防にもなります。

お料理に使うハーブとしては「コモンセージ」が一般的ですが、黄色い斑が入った「ゴールデンセージ」や香りの強い「クラリーセージ」も使いやすくおススメです。

セージの育て方のポイント

日当たりと水はけ、風通しがいい場所を好みます。大きな株に育つものが多いので、苗は株間を広めにとって植えつけてあげましょう。種は、春と秋に苗床などに点まきして、発芽後1か月くらいで本葉が2、3枚になったところで移植してあげましょう。

水やりは、定植して根がしっかり張るまではこまめに上げてください。鉢植えの場合には、土の表面が乾いたら、たっぷりと与えましょう。湿度に弱いので、梅雨の時期などには水やりは控えたほうがいいでしょう。

セージは肥沃な土壌を好みます。植えつけ時に緩効性肥料を土に混ぜておきましょう。春から秋にかけて追肥を行います。

セージの株は放っておくと木質化して弱ってきます。だいたい4年を目安に挿し芽で株の植えかえをするようにしましょう。

カラーリーフとしての特徴を生かして

品種がとても多いセージは、花や葉にそれぞれ特徴があります。コモンセージはこんもりと茂り存在感があります。紫のパーゼルセージやライム色のゴールデンセージ、3色入り混じったトリコロールセージなど、同じセージの仲間だけでも色鮮やかなハーブガーデンを演出できます。

最後に

上品な紫色が特徴のコモンセージの花は、サラダとしても彩を添えてくれます。前年の枝に花芽をつけるので、花を楽しみたいときは剪定を控えめにしたほうがいいでしょう。

生葉15g、あるいはドライの葉5gに熱湯200mlを注いだハーブティーは、疲労回復に効果があります。

また、ドライの葉5gに熱湯100mlを入れて濾した浸出液は、ハーブリンスにもなります。黒髪を艶やかにする効果があり、すすぎも不要です。できるだけ1回で使い切るようにするのがポイントです。この浸出液は、フットバスにも使えます。長時間の立ち仕事で足が疲れた時や足が蒸れてしまったとき、セージ入りのフットバスを試してみてください。足のむくみを取って、サッパリとします。

人気の通信教育はこちら

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る