初めてのガーデニング、そろえる道具や費用はどのくらいかかるのか?

何かを始めるとき、まずは道具をそろえることから始まります。ガーデニングを始めるにあったても同じことです。
初めてのガーデニングでは道具を揃えることから始めましょう。ガーデニング初心者向けにどのような道具をそろえるべきか、ご紹介いたします。

これだけは揃えたい道具

ますは必ず必要な道具について紹介します。ガーデニングを始めるにあたって最低限必要なものは特に重要です。

シャベル

土を掘ったり運んだり、植え込んだ苗の隙間に土を入れるときにも使います。シャベルは1つは持っておきましょう。
価格は100均のものから使いやすさを考えて設計されたシャベルになると2,000円ほどと高額なものもあります。

はさみ

はさみは余分な芽や葉を落としたり整えたり、切り戻し作業にも使います。はさみは良いものを選んでおいた方が切れ味がいいので作業もスムーズで刃が欠けずに長く使えます。とはいえ高価なものは16,000円と高いので、初めてのガーデニングなら2,000~3,000円台のはさみであれば十分です。太い枝も切れる剪定ばさみや細かい作業ができる採園ばさみなどがあります。

植木鉢・プランター

植木鉢やプランターも今は100均でさまざまなデザインのものが売られていますから利用するのもいいですね。凝ったものやおしゃれなものを使いたい場合は大型のホームセンターや園芸店に行けば手に入ります。プラスチック製で直径30cmの丸鉢はおよそ250円ほどで手に入ります。同サイズの化粧鉢やテラコッタになると1,200円ほどです。

植え付けに必要なもの

最低限必要な道具をそろえたら、次は実際に植物を育てる際に必要な道具をそろえましょう。
土や肥料など、育てたい植物によって適切なものを選びます。わからない場合は、園芸用品店やホームセンターで尋ねましょう。

土は園芸店で購入できます。初めてガーデニングをする場合は花専用や野菜専用などの用途別に作られた培養土を使うと、通気性や排気性の良い土を自分で配合してを作る必要がなくそのまま使えるのでおすすめです。25Lで600円ほどで手に入ります。

苗はホームセンターの園芸コーナーや花屋、ネット通販などで購入できます。一年草は比較的安価で手に入ります。宿根草や珍しい品種になってくるとお値段も高額になります。安価なものは100円辺りから売られています。

肥料

苗の植え付け時に元肥として土に混ぜ込んで使用します。価格は200円ほどからあります。
テラコッタに寄せ植えを作ると想定しておよそ5,000円ほどでできます。植える苗の種類にもよりますが、プラスチック製のプランターを使えば3鉢分は作れます。

あれば便利な道具

必ず必要ではなくとも、あるとより便利になる道具について紹介します。実際にガーデニングを始めてみて、必要だと思ったら購入するといいかもしれません。

苗の植え付けに使う道具

・熊手
・土入れ
・ジョウロ
・バケツ
などがあります。特に熊手や土入れなどは土をやわらかくしたり、作ったりする際にはあると便利です。ホームセンターなどで価格帯もいろいろなものが手に入ります。

身に付けるもの

・ガーデニンググローブ
・長靴
・シザーケース
・エプロン
などがあります。ガーデニングは土を触るため、服や手などがどうしても汚れてしまいます。汚れると洗濯も面倒なので、あらかじめガーデニング用に一式そろえておくといいでしょう。

剪定や誘引に使う道具

・のこぎり
・支柱
・麻ひも
・網
などです。育てる植物によっては剪定が必要なものや、ツル性のものであれば支柱なども必要になります。わからない場合はお店の方に聞いてみましょう。

費用を抑えるテクニック

何事も同じですが、最初はそろえるものが多くお金がかかるものです。そこで、できる限りガーデニングの費用を抑えるテクニックをご紹介します。

土を手作りする

土は手作りすれば購入を抑えられます。今ある土に枯草や枯れ葉を大量に混ぜ込みビニールシートなどで覆って発酵させて作ります。発酵を促すために米ぬかを入れて定期的に混ぜ、3ヶ月ほどで腐葉土が出来上がります。

肥料も身近なもので代用

肥料として使えるものは卵のからなどの生ごみ、ニワトリを飼っていれば鶏糞や枯草・枯れ葉などをコンポストで肥料に変えて使いましょう。直接土に混ぜ込んでも植物は育ちますが、においがきついのでコンポストでしっかりと発酵させてにおいの少ない肥料を作った方が扱いやすいです。

苗を使わずに種を採取

苗を買うと意外とお金がかかります。安くあげたいのであれば花の開花後に種を採取しておきその種を育てて増やすことです。こうすれば苗の購入をしなくてもガーデニングできます。また、宿根草や多年草などを購入して植えておけば毎年咲いてくれるので苗代の節約にもなります。

水やりは雨水で

水やりの水道代もばかになりません。雨水をバケツやタルなどに溜めておいて使うことが水道代の節約になります。お風呂の残り湯を使うのも経済的です。

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る