入門 ガーデニング 肥料の知識

ガーデニングの植物用肥料

お花や野菜などを育てている時

お水はきちんとやっているのに、鉢などの植物が元気がなくなったり、

葉の色が変わったりすることがあります。

これは植物と土の相性が悪かったり、植物への栄養が悪かったりするためです。

きちんとと土の状態を調べて植物が順調に育つ環境作りが大切です。

三大栄養素

植物の生育に必要なものは比較的多量に必要なものはチッソ・リン・カリウムで、

三大栄養素といい、その他は微量要素といわれます。

チッソは不足すると葉が小さく黄色く なり、ひどいときには下葉から枯れてきます。

しかし多すぎると葉や茎ばかり伸び、花実がつきにくくなったりします。

リンが不足すると葉や茎だけでなく根の生育も悪くなるので、風で倒れやすくなったり、

開花が遅れたり、葉の色も暗緑色から紫色になっていきます。

カリウムが不足すると葉が黒ずんだり枯れたような斑ができることもあります。

有機肥料

植物、動物、魚、などの排泄物から作った肥料です。

ほとんどのものは、土の中で微生物に分解されてから植物に吸収されます。

すぐ効果はありませんが、効果が長持ちするので多くは元肥として使われています。

有機物なので、ニオイがあったり、害虫が発生しやすかったりします。

発酵油カスは効き目が早いです。

有機肥料には、魚粕・油粕、魚粕・油粕・骨粉・堆・肥園芸有機肥料があります。

化成肥料

化成肥料とは植物に必要な成分を化学的に合成したもので、

病害虫もうけにくく、ニオイもあまりありません。

また、植物が吸収しやすい状態になっているので、即効性がありますが、

水に流れやすく、追肥として与えるといいです。

しかし、やりすぎると濃度障害を起こすので注意が必要です。

複合肥料は 三要素・微量要素をバランス良く配合した肥料です。

また 各植物に適した 植物の名前などが入った専用肥料も各種市販されています

これですと個々の植物に合わせて肥料を考えなくてもいいので、便利です。

肥料をやる時注意する点

肥料を使用する時の注意

また肥料の与えすぎは、肥あたり・肥焼けといわれる障害がでます。

まず、土の中の肥料が濃すぎると、根の水分が失われて枯れます。

このようになると葉先が黄色くなったり、しおれたり全体が枯れることもあります。

また、肥料が葉にかかったりするとその部分が枯れることもあります。

与える量に注意が必要です。

まとめ

植物を順調に育てるためには少し知識が必要ですが、

ガーデニングのお店で聞くと、1番分かりやすので

お聞きくださいね。

 

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る