似て非なるもの テントウムシとテントウムシダマシ

テントウムシダマシ ガーデニング

せっかく育てているナスやキュウリ、ジャガイモの葉っぱが穴だらけに!しばらく野菜を放置していたら、見るも無惨な苗になっていた、なんて経験ありませんか?

一体どうしてこんなことに?ついこの間まで、元気な葉が生い茂っていたのに…。あれ?テントウムシが葉にいっぱい!?テントウムシってアブラムシを食べてくれる人間にとっては都合の良い虫だと思っていたのに、とテントウムシの生態系まで疑ってしまったり…。

昆虫の世界にも、似て非なるものはたくさんいるのです。今日は、テントウムシとテントウムシダマシのお話です。

肉食系テントウムシ

「テントウムシ」と言うと、赤いハネに黒い7個の点がある「ナナホシテントウ」を思い浮かべる人が多いと思います。アニメなどに出てくるテントウムシは、大体がナナホシテントウになっていますね。まさにテントウムシの代名詞です。アブラムシやカイガラムシを食べる、いわゆる肉食系のテントウムシです。園芸をしている人からすると、有り難い存在となります。

名前の通りテントウムシ科に属し、ハネには光沢がありツヤツヤとした感じがとても綺麗です。その他にも、ナミテントウなどが肉食系のテントウムシで、アブラムシなどを食します。

草食系テントウムシ

一方、ナスやきゅうり、ジャガイモの葉などを見るも無惨な姿にしてしまうのが、テントウムシダマシ。同じくテントウムシ科に属しますが、こちらは草食系となります。ナス科の植物を好んで食し、葉だけでなく果実の表面までかじってしまうのです。

テントウムシダマシという名はあくまで通称で、本当は「ニジュウヤホシテントウ」(二十八星天道)、「オオニジュウヤホシテントウ」(大二十八星天道)といいます。ハネは赤く、名前の通り28個の黒い点があります。肉食系のてんとう虫との見分け方は、点の数が異なるだけではなく、全体的に光沢がなく、薄汚れた感じに見えます。

このテントウムシダマシは、春先から秋まで発生し、放っておくと葉を食い荒らしてしまい、光合成を妨げられた野菜は、果実をつけなくなります。

対処方法

薬剤を利用して駆除する方法もありますが、薬剤の使用に抵抗がある人は、見つけ次第処分するしかありません。また、葉の裏に卵を産み付けている可能性も十分にあるので、葉の裏側を一枚一枚確認し、卵もつぶさなければなりません。

育てている苗の数が多い人には大変な作業となりますが、野菜のためには定期的なチェックが必要です。

ガーデニングをしていると、虫に遭遇することは当たり前のことですが、テントウムシを見つけた時には、肉食系か草食系かによって対応策が異なります。「テントウムシ=アブラムシを食べる虫」ではありませんので、特にナス科の野菜を育てている人はご注意ください。

 

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る