五穀豊穣を感謝する日〜新嘗祭〜

新嘗祭

今日、11月23日は勤労感謝の日です。

「勤労をたっとび、出産を祝い、国民が互いに感謝しあう」ことを趣旨として1948年(昭和23年)に制定されました。

現在は勤労感謝の日となっていますが、戦前は「新嘗祭」と呼ばれていました。

 

五穀豊穣に感謝する宮中行事

日本では古来より、五穀豊穣を神に感謝する神事が行われていました。それが「新嘗祭」です。新嘗祭

農業が生活の最重要基盤であった日本にとって、収穫されたものは一年の大切な蓄えとなるため、この新嘗祭の神事はどの行事よりも大切なものとして飛鳥時代より行われていました。

収穫物を天皇が宮中の天神地祇に供え、天皇自ら食し、その年の収穫に感謝するという儀式で、現在でも皇居や各地の神社で行われています。

また、新嘗祭は宮中や神社だけでなく庶民の間でも行われており、現在では稀ですが、昔は新嘗祭が終わるまでは新米を口にしないという風習もありました。

 

 

「勤労感謝の日」へ変更になっても・・・

第2次世界大戦後、GHQによって国民の祝日と宮中行事・国事行為を切り離す形として新嘗祭を勤労感謝の日と改められました。

とはいっても、実際全国各地で行われる行事は新嘗祭です。

有名なところでいうと伊勢神宮。

宮中で新嘗祭の神事が行われるのに際し、伊勢神宮へ勅使が差遣され大御饌祭が行われます。

神の恵みに感謝し、併せて皇室・国家・国民の平安を祈る行事となっています。

 

自然の恵みに感謝しながら・・・

せっかくの祝日なので新嘗祭を見に神社に行ってみるのもいいですが、意外と近所の神社では行われていなかったりします。

そんな時は、美味しいものを食べましょう。収穫

この時期は新米だけでなく、多くの初物に出会えます。

レンコン、ニンジン、サツマイモ。

カキ、クリ、イチジク、リンゴ、ナシ。

シイタケ、シメジ、マイタケ。

サンマ、サバ、サケ、ホッケ。

田畑の恵みだけでなく、海からの恩恵にもあずかれます。

日本は四方を海に囲まれ、国土には山や川、そして豊かな土壌があります。また、北から南へ縦に長い国でその土地土地で収穫される穀物はまるで違います。

これほど豊かな国土は他に類を見ないものです。この恩恵をあずかれることは、本当に恵まれています。

自然の神様へ感謝しながら美味しいものをいただきましょう。

 

 稲の多く実る国

最後に一つ、美しい言葉をご紹介。日本の美称のひとつ「瑞穂の国」です。

「瑞穂」とは「みずみずしい稲穂」のことです。

古来より、日本では多くの稲穂が実ることからこの美称が付けられています。

新嘗祭をはじめとする神事もそうですが、こういった美しい言葉も後世へ残していきたいものですね。

 

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る