リボベジって?ガーデニングとエコライフを同時に楽しむ

ガーデニング
リボベジとは「リボーン・ベジタブル」を略したものです。野菜を再生させるってどういうこと?今エコ好き・ガーデニング好きの間で注目を集めているこのリボベジを解説します。

野菜のヘタを再生

リボベジとは、今まで捨てていた野菜のヘタの部分を水につけて、もう一度再生させるガーデニング方法です。もちろん、再生させた野菜は食することもできますし、瑞々しいインテリアとして、純粋に鑑賞や成長を眺めるガーデニングとしも楽しむことができます。意外に簡単で、日々変化していく野菜の生命力に、新鮮な驚きを感じるようで、節約を兼ねてやってみたら楽しかった!という感想が多く聞かれます。 普段だったら生ごみなのに、ガーデニングとしてグングン成長していくサマは、まさに「再生」そのもの。もう一度収穫できれば経済的でもあり、野菜高騰しがちな昨今、家計にも優しいですね。

どのような野菜でできる?

にんじんや大根、小松菜、ねぎなどの、常備野菜で十分できます。小さな器やガラスに浅く水を張って、野菜のヘタや芯、根をを入れておくだけ。これで準備は完了です。1週間くらいで新しい葉が生え始め、見る見るうちに育っていくのを見れば、誰しもいとおしい気持ちになってしまうもの。ある程度育ったら、薬味やお味噌汁、サラダの具として使えるようになりますし、にんじん、大根は育てつづければ花を咲かせてくれます。

育て方のポイント

唯一ともいっていい大事なポイントは、1日1回水を変えること。野菜の芯や水は、きれいにしておかないとどんどん痛んでしまうので、新鮮な状態を保つことが肝心です。ぬめりを取るという心がけでお世話しましょう。芯全体を水に浸すのではなく、頭半分が自ら出るようにレイアウトします。沈んできたら爪楊枝などを挿して、高さを調整してあげると良いです。また日当たりの良い、直射日光の当たらない場所で育てましょう。

料理やインテリアとして楽しむ

買うと高い三つ葉などは、ちょっとお味噌汁に入れたくなるとき、ありますよね。リボベジで育てておけば、ハーブのようにちょっと収穫して使うことができます。リボベジ野菜としてメジャーな豆苗も、もともと定番の家庭野菜。グングン成長してあっという間に食べられるようになり、たったの数日で買ったときと同じ状態に。幾つモもの野菜を同時に再生させることで、お部屋の一角にカワイイグリーンインテリアが出現するという嬉しい事態も起こるので、どうせなら器もガラスや陶器でオシャレに飾ってみるのもいいですね。野菜の生活感を消してくれるでしょう。

まとめ

なんだかセコイ…という第一印象から、遣ってみたら「再生」の課程がとても楽しく嵌ってしまったという評の多いリボベジ。おうちにある野菜でいつでも始められるので、ちょっとした時間が見つかったら、是非挑戦してみてくださいね。

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る