ペチュニアの育て方

ペチュニアの育て方

品種の多さと育てやすさで大人気のペチュニア。春から秋にかけて、色とりどりの綺麗な花をたくさん咲かせてくれます。ガーデニングをしている人の大半は、一度は育てた記憶があるのではないでしょうか。

しかし、「育てやすい」「初心者向き」などという言葉についつい惹かれて苗を購入してみたものの、形良く育ってくれない、枯れちゃった、ひょろひょろしている、などなど思い通りにいかないこともしばしば。

育てやすいとはいえ、最低限のポイントは押さえておかないと、ペチュニアもうまく育ちません。せっかく購入した苗を無駄にしないためにも、以下を参考にして素敵なペチュニアの鉢を育ててください。

最低限クリアすべき環境

まずは、育てようとしている環境を思い出してください。日当たりはどうですか?あまり日光が当たらないような場所なら、ペチュニアはあきらめた方が良いです。なぜなら、ペチュニアは日光が大好きだからです。これがクリアできれば、あとは育てる人次第でどうにでもなります。

新しい土で

ペチュニアは多湿を嫌いますので、水はけの良い土に植えます。この時に利用する土ですが、前年ナス科を育てた土は利用してはいけません。ペチュニアもナス科に属しますので、ナス科の植物を植えた土に植えると連作障害を起こします。なるべく新しい土に植えてあげて下さい。

水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えてください。乾いていないのに水をやると、鉢の中が蒸れて株が弱る原因になりますので、注意してください。

花数を増やすために

ある程度育ってきたら、摘芯し脇芽を増やしてあげると、花数が増えます。摘芯しないままペチュニアを放任してしまうと、株のボリュームが出ないだけでなく花数も増えませんので、この作業は大切です。

また、咲き終わった花がらはこまめに摘み取り、タネができるのを防ぎます。一度見頃を迎えたころを目安として、切り戻し作業を行うと、株がさらに育ち見応えのある大きな株となります。

エネルギー補給

花数が多くなればなるほど、苗は体力を消耗していきます。そのまま花が咲き続ければ、エネルギーを使い果たして、花が咲かなくなってしまいます。それを防ぐためにも、一週間に一度くらいは、液肥を与え、エネルギー補給をしてあげましょう。液肥を与える余裕がない人は、置くタイプの肥料でも構いませんので、綺麗な花を咲かせ続けるためには、栄養を与え続ける必要があることを理解しておいてください。

少しの手間で、心が明るくなるような素敵な花を次々と咲かせるペチュニア。庭やベランダにたくさん植えて、楽しみたいものですね。

 

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る